top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

お灸相談も受け付けています。セルフケアにも有効です。寒い冬はお灸で健康維持してみませんか?

寒い時にはお灸がいい

そろそろ年末ですね。寒い季節には、お灸がぴったりですね。当院ではお灸相談も受け付けています。鍼を希望される方の中には、お灸相談をされる方もいらっしゃいます。


お灸は、鍼とは違い、ドラッグストアなどでも購入することができ、手軽にセルフケアを行うことが出来ます。シール付きの台座がついているお灸は、落下などの心配もあまりないため、おすすめです。着火する際には、お線香か長いチャッカマンなどを使用してください。また、水をいれた茶碗などを用意することは忘れないようにして下さい。


一昔前までは、「お灸跡=お灸は熱いもの」というイメージがありましたが、お灸のすえ方にも種類があり、一般的には跡の残らないものが主流です。そのため、お灸をすえている時に「熱さ」を感じた際には、すぐはがしてもらい、お灸は水の中へ。そして、皮膚に赤みが差していれば刺激としては丁度良いと言えます。また、水ぶくれは起こさないように、「熱さ」を我慢しないようにしましょう。


お灸の熱は直線的に皮下に入っていきます。そのため、深くまで届き、「熱さ」を感じるころには深いところまで温かくなっているはずです。


ポイント:お灸は「熱さ」を我慢しなくてよい


お灸のポイント

1)東洋医学的なお灸:

東洋医学のツボ(経絡)に基づいたお灸の方法です。足のむくみや疲れには足三里、手足の冷えには三陰交や太渓、お腹の冷えには天枢・気海や関元など、症状(証)によって使うツボを決めます。


2)西洋医学的なお灸:

肩こりなど、筋肉のコリにはお灸もいいでしょう。コリのあるところは、血液の循環が悪くなっている所でもあります。お灸をすることによって血の流れがよくなり、コリが解消していきます。コリが解消されると「痛みの物質」も流されて痛みも和らいでいくはずです。


そのほかに、免疫力を高めるために「足三里」を使うこともよいでしょう。


さいごに

お灸のすえ方は鍼に比べて簡単です。興味のある方は、すえる場所や適切な方法を鍼灸師に相談してみてはいかがでしょうか?すえる頻度は個々によって変わってきますが、お灸をすえた場所が赤くなっている時は少し時間を空けるか、場所をずらしましょう。また、皮膚の薄い顔面部や眼球・血管の真上にはお灸はすえないようにしましょう。


気になる方は下のせんねん灸のサイトを参考にしてみて下さい。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page