[お知らせ]キャンセルポリシーの周知に関するお願い

当院では完全予約制を採用しています。事前予約をすることによって、あらかじめ決められた時間に施術を受けることができます。予約完了後、予約枠は1人の患者様に当てられます。予約枠を1つ埋めると、当然ですが、他の患者様は予約が入れられなくなります。そのため、当日キャンセルは大変迷惑となります。上記の理由により完全予約制が維持できない場合は、料金設定の変更や、非予約制への移行をせざるを得ません。キャンセルポリシーを以前から設けていますが、再度確認していただきますようお願い申し上げます。


以下に該当する場合は、原則キャンセル料(全額)が発生します。


1. 当日キャンセル

2. 予約時間を15分過ぎた場合


予約時間に遅刻された場合は、超過した時間にあわせて施術時間は少なくなります。当日の予約時間変更もキャンセル扱いとなります。


悪天候・事故・体調不良など不慮の原因で来院が困難な場合は、事前にご連絡ご相談ください。体調不良などの理由による当日キャンセルが続くような場合は、当日予約のみに切り替えて頂きます。状況によっては、今後の予約を一切お断りする場合があります。


以上、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過