top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

[お知らせ]受領委任払い取扱い中止

日頃より当院をご利用いただきありがとうございます。保険利用に関して、原則『受領委任払い(窓口1~3割負担)』にて対応していましたが、下記のケースへの対応が増えています。つきましては、令和4年7月1日より『受領委任払い』の取扱いを中止いたします。今後は、原則『償還払い(窓口10割負担後にご自身で還付請求)』のみとさせて頂きます。


なお、支給申請時には、『償還払い』に係る書類をご自身で準備の上、担当施術者から施術証明(要発行手数料)を受けてください。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。


〇令和4年7月1日~:

  • 受領委任払いの取扱い中止

〇取りやめ理由:

  1. 被保険者が支給申請書への押印または署名をしない(申請不可)

  2. 被保険者の自己判断による併療​(不支給案件)

〇従来患者への対応:

  • 従来通り受領委任にて対応(取りやめ理由に該当する者を除く)


※上記の内容は予告なく変更となる場合があります。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page