top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

クリーンニードルテクニック(CNT:Clean Needle Technipue)の意義

東アジア圏だけでなくアメリカでも鍼灸治療が注目されているようです。アメリカの鍼灸免許の要点に、「クリーンニードルテクニック(CNT:Clean Needle Technipue)」の習得があります。これは、言葉のとおり、いかに衛生的に鍼灸治療が出来るかどうか?といったものです。

 

クリーンニードルテクニックは、管鍼を使用します。ここまでは日本と変わりません。しかし管鍼を持つ左手が患部に触れてはいけないため、管鍼の下側は持ちません。この状態だと安定感に欠きますが、患部には管と鍼先(滅菌済み)しか触れていません。管をセットした状態から、鍼の頭(上側)を上から右手の人差し指でポンポンと叩いて刺入したあと、管を上部から引き抜きます。

 

このあと、日本式では左手を患部に置いて、人指し指と親指で鍼を固定し、右手で持った鍼を押しこんでいきます。しかし、クリーンニードルではNGとなります。消毒後、患部(鍼にも)には一切触れてはいけないわけですから、人差し指と親指は患部から数センチ離れた位置に置いて、皮膚を外側に引っ張ります。そうすることによって、鍼が刺しやすくなるのです。その状態で、右手で持った鍼を刺入していきます。クリーンニードルの一連の動作は消毒から抜針までありますので、もっと複雑です。今回は刺鍼だけを切り取りました。

  

アメリカに関わらず、医療業界において衛生観念というもは、非常に重要です。特に、鍼灸鍼を体内に刺入していく我々の業態は、当然出血も伴いますので、利用者さんへの感染防止や術者への感染も含め、対策を立てていく必要があります。現在の日本においても、衛生教育は進んでいます。現在では、ほとんどの治療院がディスポ(一回使い切り)の鍼を使用していますし、指サックやグローブ着用の院も増えています。市場には鍼体(鍼の体に入っていく部分)を覆うカバーのようなアイテムもあります。

 

古典派では、鍼を抜いた後、(瀉法をする際)孔を閉じないように、消毒をしない場合もあったり、人間本来の免疫力があるから消毒は不要という考えの先生もいるかもしれません。また、操作の面では、指サックやグローブを使用すると感覚が変わってきてしまうなどの懸念もあります。しかし我々は衛生管理はできるかぎり徹底して行う必要があります。手技の趣旨にそぐわない場合も、出来る限り代替案を検討し衛生管理に努めるべきではないかと考えています。院内で感染などが起きてしまったら、本末転倒です。利用者さんの都合を考える上で、術者の都合が最優先にされてはいけないのです。

 

クリーンニードルテクニックと仰々しい名前ですが、術者が徹底した衛生管理を習得すると同時に、衛生管理の意味を考える上では非常によい術式となります。興味のある方は、ユーチューブなどで「clean needle technipue」と検索してみてください。

 

もちろん当院でも衛生管理は行っています。また鍼皿から鍼・綿花にいたるまでディスポとなっていますのでご安心ください。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page