top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

ケアコンスタッフとして小田原尊徳マラソン2019に行ってきました。

ケアコンディションスタッフとして、小田原尊徳マラソン2019に行ってきました。当日は雨の予報でしたが、開催中は天候に恵まれて無事終えることができました。


朝7時から置鍼(seirin, pyonex zero)の貼り付けを行いました。絆創膏にプラスチックの突起が付いたもので、運動中は継続刺激が起こり、運動後の疲労の軽減などの補助的効果が期待できます。

商品参考:http://www.seirin.jp/product_information2.html#0021


マラソンランナーの方からは、「毎年置鍼に助けてもらっています!」であったり、「興味があるので試してみたい!」などの声をいただけました。


マラソン大会は9時頃から開始となり、開始後は5km・10km・ハーフマラソンを走り終えたランナーのケアと置鍼の回収およびアンケートのお願いをしていました。


置鍼回収時には「置鍼をしたおかげか、疲れがでなかった」であったり、「置鍼をしたおかげか、膝の持病の痛みがなかったような気がする」といった声も頂けて非常に好評でした。


走行後のケアには「はり・按摩マッサージ指圧」からケアの内容を選ぶことが出来るのですが、例年と比べて「はり」または「両方」を選択される方が多く、準備した鍼が足りなくなってしまうといった想定外の事態がおきました。


最近では、NHKなどでも「鍼灸」の特集が組まれたりといった背景もあるのか、関心が高まっている傾向にあると思います。


今後も皆様の健康の助けになれればと思いながら、帰路につきました。ご縁があれば、ぜひケアコンブースまで足を運んで頂ければと思います。

最新記事

すべて表示

嚥下困難や構音障害に対する鍼

脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血)などによって「嚥下困難(呑み込めない)」や「構音障害「(舌が回らない)」が生じることがあります。「嚥下困難」や「構音障害」などの舌や喉の運動機能障害は、誤嚥性肺炎のリスクが上がるため、注意が必要とされています。実は、こういった随伴症状に対しても鍼は有効といわれています。 当院では、嚥下困難や構音障害がある場合は、「廉泉(れんせん)」というツボを使っています。教科書どお

パーキンソン病は鍼で治るか

はじめに 最近、NHKの鍼療法に関する番組の影響か、「パーキンソン病に対して鍼はどうか?」と言った関心の声があるようです。本稿では、パーキンソン病と鍼療法について述べていきたいと思います。 パーキンソン病は治らない パーキンソン病は、進行性の神経変性疾患のため、基本的に治ることはありません。もちろん、鍼をしたからと言って治るわけではありません。「鍼でパーキンソン病は治らない。」という話をすると、「

[お知らせ]予約システム変更のお知らせ

日頃から当院をご利用いただきありがとうございます。 お電話によるご予約のみでしたが、ご不便をお掛けすることがありました。 利便性を図るため、ネット予約システムを導入することに致しました。 今後は、ネット上にてご予約とキャンセル・予約状況の照会が可能です。 なお、キャンセル締切後のネット上での操作は出来ません。 当面の運用状況は下記のとおりとなります。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。 1)

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page