top of page

ケアコンスタッフとして小田原尊徳マラソン2019に行ってきました。

ケアコンディションスタッフとして、小田原尊徳マラソン2019に行ってきました。当日は雨の予報でしたが、開催中は天候に恵まれて無事終えることができました。


朝7時から置鍼(seirin, pyonex zero)の貼り付けを行いました。絆創膏にプラスチックの突起が付いたもので、運動中は継続刺激が起こり、運動後の疲労の軽減などの補助的効果が期待できます。

商品参考:http://www.seirin.jp/product_information2.html#0021


マラソンランナーの方からは、「毎年置鍼に助けてもらっています!」であったり、「興味があるので試してみたい!」などの声をいただけました。


マラソン大会は9時頃から開始となり、開始後は5km・10km・ハーフマラソンを走り終えたランナーのケアと置鍼の回収およびアンケートのお願いをしていました。


置鍼回収時には「置鍼をしたおかげか、疲れがでなかった」であったり、「置鍼をしたおかげか、膝の持病の痛みがなかったような気がする」といった声も頂けて非常に好評でした。


走行後のケアには「はり・按摩マッサージ指圧」からケアの内容を選ぶことが出来るのですが、例年と比べて「はり」または「両方」を選択される方が多く、準備した鍼が足りなくなってしまうといった想定外の事態がおきました。


最近では、NHKなどでも「鍼灸」の特集が組まれたりといった背景もあるのか、関心が高まっている傾向にあると思います。


今後も皆様の健康の助けになれればと思いながら、帰路につきました。ご縁があれば、ぜひケアコンブースまで足を運んで頂ければと思います。

最新記事

すべて表示

鍼治療とリハビリテーション

当院では、「鍼治療」と「リハビリテーション」の併療を推奨しています。時々、「鍼治療とリハビリテーションどちらが有効か?」といった質問をされます。もっと踏み込んだ質問ですと、「どちらかに絞りたいので回答してほしい、、、」といったものもあります。 実は、「鍼治療」と「リハビリテーション」は目的と機序が違うため、単純に比較することはできません。臨床研究では、単一の治療方法の効果を検討するため、被験者に対

末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に確認していること

1.はじめに 末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に、いくつかのポイントに注意しながら確認を行っています。本稿では、新鮮例(発症すぐ)について触れていきます。 ◆初期対応時に確認しているポイント 医療機関を受診しているか ベル麻痺かラムゼイハント症候群か 軽症か中等症以上か 部分麻痺か完全麻痺か セルフケアの有無 2.ポイントの解説 1)医療機関を受診しているか 顔面神経麻痺を発症したら、早急に医療機関

末梢性顔面神経麻痺のセルフケア実施期間

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアの実施期間ですが、病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど)の後遺症予防には「発症から最低1年間はミラーバイオフィードバック(MBF法、鏡をみながら顔を動かす方法)を継続するように」と言われています。 後遺症の可能性がある場合(とくにENoG検査で40%を超えない、中等症以上)は、改善が見られた後も、セルフケアをしっかり継続する必要があるわけです。「表情筋が全体的に動

bottom of page