top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

コロナ期間中の健康保険利用に関する注意点。同意期間延長の前例も。

年初から新型コロナウィルス(以下コロナ)が世界的に大流行中です。日本でも四月頭から~五月末まで緊急事態となり自粛などの対策が行われました。六月には一旦落ち着いた状況でしたが、また、少しづつ東京の方で感染者数が増えており、依然予断を許さない状況が続いています。


コロナ期間中の健康保険の取り扱い

はりきゅうの健康保険利用には、医師の同意書が必要です。この同意書は6ヵ月毎に再取得が必要でしたが、臨時取り扱いとして「同意期間延長(感染予防のため受診を控えた)」が行われています。来月以降の延長状況はまだ発表されていませんが、7月末までの延長が決まっています(6月29日付)。


では、新規の状況はどうか?というと、はりきゅうの健康保険取り扱いのルールに則って、「初回の同意(ドクターの診察が必要)」が義務付けられており、上記の「延長」の臨時取り扱いには含まれていません。


予防的な施術(まったく病気がない、またはすでに治癒している状態)には健康保険利用はできませんが、以下の適応症に該当し、かつ健康保険利用による鍼施術を希望される方は、事前にご相談されることをおすすめします。


同意書を取得することによって、再度コロナの影響が出た際には、同意期間延長などの取り扱いになる場合があります。


保険適応症(特定6傷病):

  • 神経痛

  • リウマチ

  • 頸腕症候群

  • 五十肩

  • 腰痛症

  • 頸部捻挫後遺症:むちうち

さいごに

慣れないテレワークやストレスによる腰痛や頸腕部の痛みや痺れ(頸腕症候群、神経痛)も鍼灸の保険適応症です。腰痛を例に挙げると、加齢に伴う変形性脊椎症(ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症など)だけではなく、「(広い範囲での)腰痛症」が対象となっています。ぜひご相談下さい。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page