top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

ストレスなどで下痢や便秘を繰り返す?もしかしたら過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。

緊張したり、ストレスでおなかが痛くなってトイレに駆け込むような場合ってありませんか?特に毎回食事をとった後に便意をもよおすなど習慣性の場合は、もしかしたら過敏性腸症候群(IBS)かもしれません。

 

過敏性腸症候群ですが、読んで字のごとく「過敏」な反応から症状がでるため、そくトイレといった感じになりやすくなります。「私は下痢じゃないから・・・」という方もいますが、下痢=過敏性腸症候群というわけではありません。というのも、「便秘型」「慢性下痢型」そして「混合型」というように分類されています。

 

この過敏性腸症候群ですが、機能性の消化管異常(神経系・ホルモン系などの調節異常)によって引き起こされたもので、胃潰瘍やその他器質的な問題(腫瘍形成だとか外傷など)によって起きているわけではありません。鍼灸治療は基本的には器質性疾患よりも機能性疾患に対する効果が期待できます。鍼灸治療の適応疾患の一つといえるでしょう。

 

新旧治療ではどこのツボを使うのでしょうか?下腹部や腹部の局所的な方法と経絡的な流れや経験則に基づいた遠隔取穴と解剖生理学に基づいた方法を混ぜ合わせて使います。例えば・・・


1)局所:

天枢(へそから左右に2寸脇)・水道(左下腹部)・帰来(左下腹部)・外水道(水道から少し左外側)・外帰来(水道から少し左外側)・中院(おなかのど真ん中)・関元(へそ下3寸)など

2)遠隔:

・足三里(胃腸など消化管の調整)・上巨虚(大腸と関係)・下巨虚(小腸と関係)・中院(胃腸によい)など

3)解剖生理

八髎穴(おしりの骨の上に左右4箇所づつ・骨盤内臓神経などへ)など

4)下痢(加減配穴)

陰陵泉(水代謝によい)・豊隆(水代謝によい)・水分(水代謝によい)など

5)便秘(加減配穴)

支溝(便通によい)など

6)ストレス

百会(頭をすっきり)・四関穴(滞った気を回す)・神門(ストレスにはここ)など

 

実際の下痢・便秘に対する鍼灸治療では、加減配穴(症状によって少し足すツボ)を除くと大体同じようなツボを選びます。ではなぜ同じようなツボを選ぶのでしょうか?それは鍼灸治療の効果に「双方向性の調節作用」が含まれているからです。下痢も便秘も調節作用の異常ですから、調子を整えることによって正常な働きに戻すといった考え方です。

 

こういった消化管の異常で悩んでいる場合は、適切な医療機関で検査・診断をしましょう。内臓の問題は、素人ではわかりません。また、鍼灸治療を希望する場合も、先に医院やクリニックを受診することをおすすめします。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page