top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

セルフケアで肩こり改善。揉みすぎ注意。

現在、携帯電話やパソコンの使用や、長時間連続したオフィスワークのせいもあり、肩こりに悩まされている方が少なくないと思います。

 

私たちは二足歩行ですから、重たい頭を首で支え、重たい腕を肩からぶら下げた状態で生活をしています。この体勢はとても負担が掛かります。このようなハンディキャップがある状態で、なおかつ同じ姿勢でディスクワークをしていると、首こりや肩こり、腰背部が痛くなってくるのは当然です。なかには、頭痛までしてくるなんて方もいると思います。とくに女性で、元々なで肩の方であったりする場合は注意が必要です。腕や手まで痺れたりなんてことになったりします。

 

肩こりの改善としては、まず、長時間同じ姿勢でいることをやめてください。なかには、仕事だから仕方が無いという方もいるとは思いますが、一時間に一回でも、一分でも、首を休めてください。ストレッチをすることも良いと思います。

 

もし誰かに肩を揉んでもらう場合は、まず仰向けに寝転びましょう。立っている状態ですと、首や肩や背中に力が入ってしまいます。われわれは重力に逆らっているわけですから、どうしても力が入ってしますのです。そうなると、揉みたい筋肉を十分に揉んでもらえないといったことが起きてしまいます。また、力いっぱい揉んでもらうというのもNGです。なかには「ちょっと痛気持ちいいほうがいい!」という方もいると思いますが、「気持ちいい」場合はよいですが、「痛い」場合は、筋緊張を誘発してしまう可能性もありますので気をつけてください。過度に緊張すると血流量が減ってしまいますので、疲れがとれません。期待とは裏腹にひどい揉み返しがやってくるかもしれません。

 

揉んであげる方は、揉まれる方の頭側に位置して、首の下や肩の下に掌を差し入れ、指で筋肉を持ち上げるようにして揉んであげましょう。緊張の取れた筋肉は、指だけの力でも十分に揉むことができます。

 

もちろん、病院で検査・治療をしたり、鍼灸治療にいったり、整骨院で電気を流したりといったことも重要です。しかし、健康を増進するためには、日々のセルフケアも心がけていくことが重要であるといえます。また、「どうしても疲れがとれない」とか、「痺れが出た」などの気になる症状がある方は、リラクゼーションマッサージなどよりも、病院・クリニックの受診をお勧めいたします。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page