ダイエットには痩せる鍼?耳ツボの効果と痩身に対する鍼の考え方。

よく聞かれることの中に、「鍼で痩せることが出来るって本当?」という質問があります。巷にも耳鍼や体鍼療法(一般的な鍼)で痩身や痩せる鍼といった美容鍼がありますが、実際のところどうなのでしょうか?


結論から先にいうと、「美容鍼だけで痩せるということはあまり現実的ではない」と言えます。


痩せるということは、、、

人間が一日に摂取したカロリー量 < 一日に消費するカロリー量

とならなければなりません。


このほかにも、糖質摂取量を改善して余分なエネルギーを蓄えない、蛋白質摂取量を改善して筋肉量を落とさない、適度に運動をして筋量維持をするなど、様々なことを同時に行う必要があります。


また、ランニングなど有酸素運動を行えば痩せるような話もありますが、有酸素運動で消費されるカロリーは多くありません。ご飯は200gで300kcal程度となりますが、1時間ランニングして消費するカロリーはご飯200g(一膳)分相当となります。毎日忙しい時間を削って1時間走っても、ご飯一膳抜いても同じと言えます。もちろん体力強化やリフレッシュすることなどを目的に運動を行うことは推奨されています。


では本当に耳鍼や体鍼はダイエット(痩身)の助けになっていないのでしょうか?


向野らは、耳ツボを刺激すると、 摂食量減少、空腹感減少、満腹感亢進、摂水量減少、体重減少の効果、そして尿量増加による水代謝(むくみ改善)作用がみられたと報告しています。


耳鍼や体鍼療法によって、身体バランスを整えることや、ストレスの軽減などを行い、ダイエット(痩身)をサポートすることは可能です。


食事内容の改善や運動と併せることが重要です。けっして鍼をすれば勝手に体が痩せていくわけではありません。肥満にお悩みの方は、まずは日々の生活習慣の改善を図りましょう。

参考文献:

向野 義人, 荒川 規矩男, 恒矢 保雄. (1984) 肥満の耳針療法における噴門点と肺点の効果差, 全日本鍼灸学会雑誌, 33(3): 279-284

最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過