top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

ベル麻痺やラムゼイハント症候群など顔面神経麻痺に対する鍼灸療法の考え方

顔面神経麻痺は中枢性と末梢性の2つに分類することができます。前者は脳卒中(脳梗塞・脳出血)などによって2次的に発症したもので、後者は末梢での神経浮腫やウィルス感染によって発症したものを指します。


本稿では、末梢性顔面神経麻痺、とくに多いベル麻痺とラムゼイハント症候群(ウィルス感染)に対する鍼灸療法の考え方を述べていきます。


ベル麻痺とラムゼイハント症候群は発症機序から違いますが、一番の違いは治癒率です。前者は現代医学的治療によって7割方快方に向かいますが、後者は3割程度しか快方に向かいません。


末梢性顔面神経麻痺に罹患したあと鍼灸療法を選択する方もいます。ご自身で辿りつく方、医師や医療機関から紹介される方と様々です。


東京女子医科大学(東洋医学研究所)のホームページには顔面神経麻痺治療に鍼灸を併用している旨が記載されています。(http://www.twmu.ac.jp/IOM/shinkyu/ganmen_gairai.html )発症から1ヶ月間は薬物療法など現代医学的治療法を優先し、医師や患者からの要望があれば鍼灸療法を併用するとしています。1ヶ月経過して停滞している場合や、重症例には3ヶ月くらいまでに鍼灸療法を行うとしています。


私が留学していた天津中医薬大学の第一付属病院は鍼灸臨床が中国で一番有名でした。顔面神経麻痺への鍼灸療法は以下のとおりです。


天津中医薬大学第一付属病院:

1)急性期から鍼灸療法を併用する

2)急性期(発症から10日程度)は浅刺で少鍼

3)急性期以降は多鍼

4)出来る限り毎日行う(週4日以上)


当然6ヶ月を超えると後遺症期となるため、出来るだけ早期から、集中して治療介入を行うことが重要です。東京女子医科大学のホームページに載せられているように、鍼灸療法併用によって予後が良かったり、停滞した症状に変化が見られたりといった例もあるため、「ベル麻痺は7割方治るからいいや」というような気持ちで治療に臨むのではなく、「やれることは全てやる」といった気持ちで治療に臨むことが重要です。


ベル麻痺では3割、ラムゼイハント症候群では7割の方に後遺症が残る可能性があると言われています。顔面神経麻痺の後遺症は審美的な問題が付きまといます。少しでも回復を早めて後遺症なく、もし残ってしまっても出来るだけ軽くなるように鍼灸療法を併用することは有意義であると思います。


また6ヶ月を経過しても、1年以内であれば変化がみられる場合もあるため、鍼灸療法を試してみることをおすすめします。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page