top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

中国鍼と日本鍼の違いは太さだけじゃないの?

留学していたと言うと、よく「太い鍼使うのか?」と聞かれます?「はい。」というと、「細い和鍼じゃものたりないでしょ?」「中国鍼は太いからな~」と言われます。

 

現在、私は「和鍼(日本鍼)」を使っています。φ24mmの4cm長のものです。カナケンさんが取引業者さんのため、「カナケンのディスポ輝 4本1パック」というものを使っています。なぜこれを使用しているかというと、本音は、中国鍼(カナケンさん)のφ0.25mmの4cm長のものを使用したいのですが、私は鍼管を使わないため、一本一本個別包装されている中国鍼は使いづらく断念しました。

 

ここで、気付いた方もいるかもしれませんが、「和鍼」と「中国鍼」は太さの違いではないのです。では、なぜそういった誤解が生まれたのでしょうか?

 

現在、ほとんどの鍼灸院では、φ0.16~0.20mmの鍼を使用しているとおもいます。私の学部時代もほとんどこの太さでした。中国では、基本的にはφ0..25~0.30mmのものが多いように感じました。このような傾向があるため、「中国で使用されている鍼は太いものが多い」⇒「中国(で使用されている)鍼は太い(ものが多い)」となっていったように思います。

 

では、中国鍼と和鍼はどこが違うのでしょうか?中国鍼の方が持ち手が長く、頭に龍頭(りゅうず)という滑りどめがついています。また、金属線を巻き付けたコイル状になっており、適度な弾力性があるため、手技に向いています。手技をするときに、これくらい適度な太さがないと、鍼がへたってしまい、上手く手技が行えません。

 

逆に和鍼の持ち手は短く、一本の棒状になっており、曲がったりしません。頭は地面に水平にカットされており、管を用いたさいに、頭をポンポンと叩きやすくなっています。「持ち手が短い=全体が中国鍼に比べて短い」ため、鍼の頭を叩打する際の横揺れが抑えられます。

 

「和鍼」と「中国鍼」最大の違いは形状(歴史的背景)だと思います。けっして中国鍼だから太い、和鍼だから細いというわけではありません。銀鍼などもありますが、私は触ったことがないので、経験を積み次第、またレポートさせて頂きます。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page