top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

何でよくなったかわからない?改善した理由をあれこれ考えるよりも、よい状態をキープすることが重要。

症状が改善した後に出やすい疑問は、、、

よく症状が改善した後に、鍼で良くなっているのか、薬が効き始めたのか、食事内容が変わったからよくなったのか、、、「何で良くなったのかわからない=鍼は無駄だった?鍼は効果がない?」と考える方がいらっしゃいます。


一般的に、「(ある症状に対して)効果があるかどうか?」は、臨床研究(論文など)で「効果が認められる場合は、効果があると考えて差し支えありません」。また、「(あなたに)効果があったかどうか?」という見方は臨床よりの話ですが、個人差や体質、環境によって左右されるため、「はたしてどうだったのかと断定することは困難な場合があります。」


混同しがちですが、実は、臨床研究と臨床(治療や施術)は同じではありません。


臨床研究と臨床の違い、、、

臨床研究では、「どんな症状に鍼が効くのか?」を目的に研究を行います。研究中や前段階では様々な制限を課したり、少しでも影響を与えそうな因子は除外して「出来る限り純粋な結果」となるように施設がコントロールを行います。


他の疾患を併発していたり、薬を多種接種しているような場合は、除外対象として除外されてしまうのです。その他に、研究レベルを上げるために「盲検(何をおこなっているのかわからないようにする)」を取り入れたりといった努力を行います。


研究では、なるべく同じような条件となるようにコントロールしていますが、臨床ではどうでしょうか?患者さんはご自身が何をされているか、、、ほとんどの場合は自分自身で理解しているはずです。また、他の疾患を併発しているから、薬を使用しているからといって、「希望者への鍼をしない」ということはありえません。


もしかしたら通院コンプライアンスを順守していないかもしれません。俗にいう「(臨床研究の)除外対象」や「脱落者(治療計画を守っていない人など)」も治療対象として臨床では施術を行っているのです。


どのように考えるべきか?

なぜ鍼(鍼以外でも)を始めたのか?を純粋に考えてみてください。一般的に、標準治療(保険医療)で症状がコントロール(改善)されている場合は、自費が主体の鍼を受けることはほとんどありません。そのため、ほとんどの場合、十分な改善がされていない状態から「+α」として「代替医療(鍼灸など)」を選択しているはずです。


もし、この「+α」を追加することによって症状が改善している状態が続いている場合は、「何が効いているかわからない、、、」と考えて、「鍼は効果がない(またはそれだけが効いている)」であったり、「食事療法は効果がない(またはそれだけが効いている)」であったり、「運動療法は効果がない(またはそれだけが効いている)」と考えずに、「相乗効果も十分考えられるし、改善していることは悪いことではなく、むしろ症状改善に役立った!」と考えるべきではないでしょうか?


最後に

あれこれと考えて一喜一憂するよりも、まずが症状が改善していることを喜びましょう。そして、コントロールが必要な場合は、出来る限り継続しましょう。また、治癒が望める場合は、ゆっくりと量や回数を減らしながら様子を見ていきましょう。ただし、素人考えで安易に「あれをやめよう」「これをやめよう」とせずに、専門家(鍼灸であれば鍼灸師)の意見を仰ぎながら経過を見ていきましょう。


最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page