top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

何で鍼灸は健康保険利用時に医師の同意書が必要なの?

保険は利きますか?

必ずと言ってよいほど、「保険は利きますか?」という質問をされます。鍼灸も健康保険利用が可能ですが、医療保険機関ではないため、一部傷病のみしか健康保険利用が出来ません。そして医師の同意書が必要です(歯科は不可)。


健康保険利用の前提条件:

  • 治療を中止している、または終了している(重複利用不可のため)

  • 慢性疼痛(特定6傷病)に該当する

  1. リウマチ

  2. 神経痛

  3. 腰痛症

  4. 五十肩

  5. 頸腕症候群

  6. 頚椎捻挫後遺症

  • 医師が診察の上で同意(要同意書)


理解されづらい同意書

健康保険利用のルールは前述のとおりですが、「医師の同意書取得」に関してあまりピンと来ない方が多い印象です。質問を受けやすい項目をQ&Aにしておきます。


同意書に関する質問:

Q.他の鍼灸院にいけば同意書は不要ですね?

A.行政の指導なので、他院でも同じです。当院独自のルールではありません。


Q.整骨院では同意書は不要だったけれど、、、

A.柔道整復(整骨・接骨)は鍼灸ではありません。鍼灸を健康保険利用するためには同意書が必須です。


Q.同意書不要の整骨院へ行けばいいですね?

A.整骨院での取り扱いは急性外傷(捻挫、打撲、脱臼、骨折)のみです。脱臼、骨折は医師の同意書が必要です。また、肩こりや筋疲労、加齢に伴う慢性疾患(脊柱管狭窄症など)は適応症ではありません。負傷原因のないものも認められていません。


Q.なんで同意書が必要なんですか?口頭ではダメですか?

A.行政の指導です。受領委任制度移行に伴い、書面での同意が必須となりました。


Q.ドクターに同意書を出すように言ってもらえませんか?

A.同意書は鍼灸師が発行するものではありません。ドクターの判断によります。必要に応じて依頼状は出せますが、同意の可否を変更するためのものではありません。


Q.ドクターを紹介してくれますか?

A.可能です。ぜひご相談下さい。


Q.同意書の有効期間は?

同意書は6ヵ月毎に取得する必要があります。継続した同意が得られていれば期限はありません。


さいごに

最初は煩雑に思えても、後になってから同意書を取得してよかったというケースは多々あります。6ヶ月毎の同意が必要ですが、以前に比べて倍に増えているため、利用しやすくなってきている印象です。健康保険利用を希望する場合は、事前にご相談下さい。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page