top of page

健康保険利用には本数や時間の規定はない。条件によっては柔軟な対応が可能。

健康保険利用時の施術時間や鍼の本数は?

よく健康保険利用時に「他院では○○だった!」「リハビリみたいに20分じゃないの?」という話をされる方もいらっしゃいます。


実は、鍼灸の健康保険利用に関しては個々の施術所で内容が異なります。


鍼灸に関しては、リハビリのように指定された時間は存在しません。同意書内容を逸脱したものはNGですが、施術内容に関しても具体的な指定はありません。シール鍼1個でも、鍼灸鍼を一箇所に刺すだけでも良いことになっています。


鍼の施術方法の種類:

  1. シール鍼を貼る

  2. ローラー鍼(ささない)で擦る

  3. 鍼灸鍼(ゴウ鍼)を刺す


対応によっては、、、

前述のとおり、縛りが無く、融通が利くようになっています。例えば以下の例ではどうなるでしょうか?


ご相談例:

  • 腰痛と片麻痺で鍼施術を希望。

  • 腰痛には健康保険利用が可能。

  • 片麻痺は健康保険適応外。

  • 片麻痺の治療を最優先でお願いしたい。

当院では下記のような対応も可能です。


対応例:

  • 腰痛にはシール鍼貼付にて対応(個数増えれば別途加算)

  • 仰向けにて、麻痺肢や頭頚部に刺鍼・留鍼(鍼を刺したままにする)後に抜鍼。

  • 通常一コマの施術料金+αとし、一部健康保険利用とする。

※「腰痛の施術時間をもっと割いて欲しい」という場合は、更に費用がかかります。


このように、健康保険適応外の傷病でも、適応症への施術の実体があれば、一部健康保険利用が可能です。もちろん、実体がない場合(当該傷病に施術を行なわなかった、またはすでに治癒している場合)は健康保険利用は出来ません。


さいごに

鍼灸院ではさまざまな方法で患者さん対応を行なっています。ホームページだけの閲覧ではなく、実際に相談をしてみて下さい。条件によっては、前述した対応も可能な場合があります。


最新記事

すべて表示

鍼治療とリハビリテーション

当院では、「鍼治療」と「リハビリテーション」の併療を推奨しています。時々、「鍼治療とリハビリテーションどちらが有効か?」といった質問をされます。もっと踏み込んだ質問ですと、「どちらかに絞りたいので回答してほしい、、、」といったものもあります。 実は、「鍼治療」と「リハビリテーション」は目的と機序が違うため、単純に比較することはできません。臨床研究では、単一の治療方法の効果を検討するため、被験者に対

末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に確認していること

1.はじめに 末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に、いくつかのポイントに注意しながら確認を行っています。本稿では、新鮮例(発症すぐ)について触れていきます。 ◆初期対応時に確認しているポイント 医療機関を受診しているか ベル麻痺かラムゼイハント症候群か 軽症か中等症以上か 部分麻痺か完全麻痺か セルフケアの有無 2.ポイントの解説 1)医療機関を受診しているか 顔面神経麻痺を発症したら、早急に医療機関

末梢性顔面神経麻痺のセルフケア実施期間

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアの実施期間ですが、病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど)の後遺症予防には「発症から最低1年間はミラーバイオフィードバック(MBF法、鏡をみながら顔を動かす方法)を継続するように」と言われています。 後遺症の可能性がある場合(とくにENoG検査で40%を超えない、中等症以上)は、改善が見られた後も、セルフケアをしっかり継続する必要があるわけです。「表情筋が全体的に動

bottom of page