top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

健康保険利用には本数や時間の規定はない。条件によっては柔軟な対応が可能。

健康保険利用時の施術時間や鍼の本数は?

よく健康保険利用時に「他院では○○だった!」「リハビリみたいに20分じゃないの?」という話をされる方もいらっしゃいます。


実は、鍼灸の健康保険利用に関しては個々の施術所で内容が異なります。


鍼灸に関しては、リハビリのように指定された時間は存在しません。同意書内容を逸脱したものはNGですが、施術内容に関しても具体的な指定はありません。シール鍼1個でも、鍼灸鍼を一箇所に刺すだけでも良いことになっています。


鍼の施術方法の種類:

  1. シール鍼を貼る

  2. ローラー鍼(ささない)で擦る

  3. 鍼灸鍼(ゴウ鍼)を刺す


対応によっては、、、

前述のとおり、縛りが無く、融通が利くようになっています。例えば以下の例ではどうなるでしょうか?


ご相談例:

  • 腰痛と片麻痺で鍼施術を希望。

  • 腰痛には健康保険利用が可能。

  • 片麻痺は健康保険適応外。

  • 片麻痺の治療を最優先でお願いしたい。

当院では下記のような対応も可能です。


対応例:

  • 腰痛にはシール鍼貼付にて対応(個数増えれば別途加算)

  • 仰向けにて、麻痺肢や頭頚部に刺鍼・留鍼(鍼を刺したままにする)後に抜鍼。

  • 通常一コマの施術料金+αとし、一部健康保険利用とする。

※「腰痛の施術時間をもっと割いて欲しい」という場合は、更に費用がかかります。


このように、健康保険適応外の傷病でも、適応症への施術の実体があれば、一部健康保険利用が可能です。もちろん、実体がない場合(当該傷病に施術を行なわなかった、またはすでに治癒している場合)は健康保険利用は出来ません。


さいごに

鍼灸院ではさまざまな方法で患者さん対応を行なっています。ホームページだけの閲覧ではなく、実際に相談をしてみて下さい。条件によっては、前述した対応も可能な場合があります。


最新記事

すべて表示

嚥下困難や構音障害に対する鍼

脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血)などによって「嚥下困難(呑み込めない)」や「構音障害「(舌が回らない)」が生じることがあります。「嚥下困難」や「構音障害」などの舌や喉の運動機能障害は、誤嚥性肺炎のリスクが上がるため、注意が必要とされています。実は、こういった随伴症状に対しても鍼は有効といわれています。 当院では、嚥下困難や構音障害がある場合は、「廉泉(れんせん)」というツボを使っています。教科書どお

パーキンソン病は鍼で治るか

はじめに 最近、NHKの鍼療法に関する番組の影響か、「パーキンソン病に対して鍼はどうか?」と言った関心の声があるようです。本稿では、パーキンソン病と鍼療法について述べていきたいと思います。 パーキンソン病は治らない パーキンソン病は、進行性の神経変性疾患のため、基本的に治ることはありません。もちろん、鍼をしたからと言って治るわけではありません。「鍼でパーキンソン病は治らない。」という話をすると、「

[お知らせ]予約システム変更のお知らせ

日頃から当院をご利用いただきありがとうございます。 お電話によるご予約のみでしたが、ご不便をお掛けすることがありました。 利便性を図るため、ネット予約システムを導入することに致しました。 今後は、ネット上にてご予約とキャンセル・予約状況の照会が可能です。 なお、キャンセル締切後のネット上での操作は出来ません。 当面の運用状況は下記のとおりとなります。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。 1)

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page