側頭筋へのドライニードリングと鍼

側頭部には側頭筋という咀嚼に関係する筋肉があり、ここに筋緊張やコリ(硬結)が生じると痛みの元となります。側頭筋の痛みは、筋緊張型頭痛や食いしばりによっておこる症状です。こめかみがズキズキしたり、締め付けられるような痛みがある場合、側頭筋上の圧痛点(圧すと痛むポイント)や圧迫すると痛みが軽減するポイントに鍼をすると、痛みが軽減することが多い印象です。場合によってはLTR(局所単収縮反応、ビクッと筋肉が収縮する反応)が確認できます。


側頭筋は頭蓋骨に張り付いている筋肉で、広い範囲に薄く広がっています。鍼をする際は、頭蓋骨に対して垂直に刺すのではなく、頭蓋骨に対して水平に鍼が入るように鍼先をすすめていき、筋肉を広い範囲で貫くようにしていきます。可能であれば鍼先でコリを探し、LTRが生じる場合は収まるまで手技を加えます。このLTRですが、コリに鍼先が当たった場合に起こる現象で、刺激の目安となります。


参考動画)Temporalis muscle, trigger point /dry needling and local twitch response.

Temporalis muscle, trigger point /dry needling and local twitch response. - YouTube

この鍼の方法は、ドライニードリング(dry needling)と言われているもので、解剖生理学を基礎とした手法です。主に筋肉への痛みへと応用されています。また、鍼療法以外にも、トリガーポイント注射(局所薬液注射)によって改善しやすいと言われています。こういったコリによる症状には直接的なアプローチが有効です。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)によって症状が軽快しない場合も選択肢の一つとして検討されています。


興味のある方はぜひお試しください。


最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過