top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

側頭筋へのドライニードリングと鍼

側頭部には側頭筋という咀嚼に関係する筋肉があり、ここに筋緊張やコリ(硬結)が生じると痛みの元となります。側頭筋の痛みは、筋緊張型頭痛や食いしばりによっておこる症状です。こめかみがズキズキしたり、締め付けられるような痛みがある場合、側頭筋上の圧痛点(圧すと痛むポイント)や圧迫すると痛みが軽減するポイントに鍼をすると、痛みが軽減することが多い印象です。場合によってはLTR(局所単収縮反応、ビクッと筋肉が収縮する反応)が確認できます。


側頭筋は頭蓋骨に張り付いている筋肉で、広い範囲に薄く広がっています。鍼をする際は、頭蓋骨に対して垂直に刺すのではなく、頭蓋骨に対して水平に鍼が入るように鍼先をすすめていき、筋肉を広い範囲で貫くようにしていきます。可能であれば鍼先でコリを探し、LTRが生じる場合は収まるまで手技を加えます。このLTRですが、コリに鍼先が当たった場合に起こる現象で、刺激の目安となります。


参考動画)Temporalis muscle, trigger point /dry needling and local twitch response.

この鍼の方法は、ドライニードリング(dry needling)と言われているもので、解剖生理学を基礎とした手法です。主に筋肉への痛みへと応用されています。また、鍼療法以外にも、トリガーポイント注射(局所薬液注射)によって改善しやすいと言われています。こういったコリによる症状には直接的なアプローチが有効です。非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs)によって症状が軽快しない場合も選択肢の一つとして検討されています。


興味のある方はぜひお試しください。


最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page