top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

変形性膝関節症(膝OA)には鍼療法と運動療法の併用が望ましい。

変形性膝関節症(膝OA)は加齢などが原因で膝関節の変形をきたし、可動域制限や痛みが出てくる疾患です。体重管理や、運動療法によって筋力アップをはかり、膝関節に負担を掛けないようにする一方で、痛みのケアを行い生活の質を向上させていくことが重要です。


越智ら(1995)は、膝OAには、鍼療法だけではなく運動療法を併用することの重要性を問いています。


越智らの研究:

1)太もも前面(大腿四頭筋)に鍼をしたあとに、鍼に似た効果を持つSSP(sliver spike point, シルバースパイクポイント)という装置で通電を行うと、4週間後には痛みが軽減していたが、運動療法では痛みの軽減がみられなかった。


2)鍼施術とSSP療法併用だけでは、膝伸展筋力(大腿四頭筋)の増加がみられなかったが、鍼施術・SSP療法と運動療法を組み合わせた場合、または運動療法単体では筋力増加がみられた。


以上のことから、鍼療法(鍼+SSP)は主に疼痛ケアに役立ち、運動療法は筋力増強に役立つことがわかっています。そのため、膝OAの改善には鍼療法と運動療法を併用することが望ましいといえます。もし、運動療法で痛みが軽減しない場合は鍼療法を疼痛ケアの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?当院でも鍼施術のほかにストレッチの方法などをお伝えしています。


参考文献:

越智秀樹, 勝見泰和 他(1995), 変形性膝関節症に対する鍼治療の検討.明治鍼灸医学 17: 7-14


最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page