top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

左肩が痛かったのに、鍼をしたら右肩が痛くなった?鍼のせいで痛みが移動するようなことはない。

更新日:2019年3月8日

よくあることですが、、、

「左肩が痛かったのに、鍼をしたら右肩が痛くなった!」と言われることがあります。


前回来院された時は左の肩こりがあって、今度は右肩がこる、、、

「鍼のせいで痛みが出たのではないか?」

「左肩の痛みが右肩に移ったのではないか?」

といった疑問が出てくるかもしれません。


1.人間の体は痛いところを認識しやすい

実は、人間の意識は一番痛いところや、つらいところに集中しがちです。

実際は、左も右も肩こりがある状態だったけれども、左の方が痛みが強い、、、

そのため「左肩がこっている」としか認識していません。


2.痛みがとれると、別のところの痛みに意識がいきやすい

左肩に鍼施術を行うと、左側の痛みが取れていきます。

すると、左肩の痛みに隠されていた「右肩のこり(痛み)」が気になってきます。

患者さん自身の感覚としては、突然右肩が痛くなったように感じるわけです。


3.鍼をしたせいで痛みが反対側に出たりすることはない

鍼は「怖い」「痛い」といったイメージがつきものです。

そのせいか、なにかと鍼のせいにされる傾向があります。

まれに鍼をした直後から1~2日の間、「鍼感(鍼をした後の感覚)」が残る場合がありますが、悪性の反応ではありません。

そして、鍼のせいで反対側に痛みが移動することもありません。

もとからある問題(持病)が原因の場合が多いです。

バイアス(思い込み)の可能性も少なくありません。


4.他に何か原因はないか?

よくよく考えてみると、、、

「長時間同じ姿勢でパソコンに向かっていた」であったり、「ハードな筋肉トレーニングをした」であったり、、、

原因になるようなイベントはありませんでしたか?


人間の意識というものは非常におもしろいものです。

相対的に痛みが強いところは「痛い」と感じやすく、相対的に痛みが弱いところは「痛くない」と感じやすいという特徴があります。


実際にこういった反応が出ているということは、、、

「左肩のこりが解消された(気にならなくなった)」という意味合いもあります。

極端に鍼を怖がらずに、そして疑問があれば素直に鍼灸師に尋ねてみてください。

鍼灸師は「はり・きゅう」の専門家です。きっとお役に立てると思います。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page