top of page

往療の取り扱いについて。健康保険利用可能です。

更新日:2019年11月30日

往療の算定方法

当院では自費または健康保険利用による往療を提供しています。※距離はすべて直線距離

1)自費の場合:

・2kmまでは2,000円加算

・2kmを超えると1km毎に+1,000円加算

・要事前相談、交通費別途実費

※別途施術代


2)健康保険利用の場合

・4kmまでは2,300円

・4kmを超えると2,700円

・16kmを超えない範囲

・要医師の同意書(特定6傷病+α)

・医師による同意が必要(要往療の記載)

・要事前相談、交通費別途実費

原則自費往療料に準拠し、差分は実費

※別途施術代


3)健康保険利用時の例

① -2km:

・自費:2000円

・保険:2300円(健康保険利用)

・1割では、実質230円負担。差分は-1770円

・3割では、実質460円負担。差分は-1540円


② -4km:

・自費:2000 + 2000(加算分) = 4000円

・保険:2300円(健康保険利用) + 1700円(一部自費負担)

・1割では、実質1930円負担。差分は-2170円

・3割では、実質2390円負担。差分は-1610円


③ -6km:

自費:2000 + 4000(加算分) = 6000円

保険:2700(健康保険利用) + 3300円(一部自費負担)

1割では、実質3570円負担。差分は-2430円

3割では、実質2390円負担。差分は-1610円


往療のメリット

一般的に、病院であれば、数週間に1回通院するという場合がほとんどだと思います。しかし、鍼灸は都合上、運動療法(リハビリ)と同じように、1週間に数回施術を受ける場合がほとんどです。全ての方が、来院に差し支えなければよいですが、歩行困難などの理由でタクシーを利用しなければいけなかったり、車椅子を利用して通院されている方もいるはずです。そのほかに、家族の同伴が必要であったりと負担が大きい場合は、往療に切り替えた方がよい場合もあります。


往療に切り替えれば、通院時間はかからず、同伴者も在宅待機にて対応が可能です。また、天候による影響や、移動中のリスク(転倒など)を防ぐことが出来ます。また、健康保険利用の場合は、「療養費申請」をすることにより療養費が支給(7~9割戻ってくる)されます(2019年11月末現在)。ぜひご相談下さい。

最新記事

すべて表示

鍼治療とリハビリテーション

当院では、「鍼治療」と「リハビリテーション」の併療を推奨しています。時々、「鍼治療とリハビリテーションどちらが有効か?」といった質問をされます。もっと踏み込んだ質問ですと、「どちらかに絞りたいので回答してほしい、、、」といったものもあります。 実は、「鍼治療」と「リハビリテーション」は目的と機序が違うため、単純に比較することはできません。臨床研究では、単一の治療方法の効果を検討するため、被験者に対

末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に確認していること

1.はじめに 末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に、いくつかのポイントに注意しながら確認を行っています。本稿では、新鮮例(発症すぐ)について触れていきます。 ◆初期対応時に確認しているポイント 医療機関を受診しているか ベル麻痺かラムゼイハント症候群か 軽症か中等症以上か 部分麻痺か完全麻痺か セルフケアの有無 2.ポイントの解説 1)医療機関を受診しているか 顔面神経麻痺を発症したら、早急に医療機関

末梢性顔面神経麻痺のセルフケア実施期間

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアの実施期間ですが、病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど)の後遺症予防には「発症から最低1年間はミラーバイオフィードバック(MBF法、鏡をみながら顔を動かす方法)を継続するように」と言われています。 後遺症の可能性がある場合(とくにENoG検査で40%を超えない、中等症以上)は、改善が見られた後も、セルフケアをしっかり継続する必要があるわけです。「表情筋が全体的に動

bottom of page