top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

往療の取り扱いについて。健康保険利用可能です。

更新日:2019年11月30日

往療の算定方法

当院では自費または健康保険利用による往療を提供しています。※距離はすべて直線距離

1)自費の場合:

・2kmまでは2,000円加算

・2kmを超えると1km毎に+1,000円加算

・要事前相談、交通費別途実費

※別途施術代


2)健康保険利用の場合

・4kmまでは2,300円

・4kmを超えると2,700円

・16kmを超えない範囲

・要医師の同意書(特定6傷病+α)

・医師による同意が必要(要往療の記載)

・要事前相談、交通費別途実費

原則自費往療料に準拠し、差分は実費

※別途施術代


3)健康保険利用時の例

① -2km:

・自費:2000円

・保険:2300円(健康保険利用)

・1割では、実質230円負担。差分は-1770円

・3割では、実質460円負担。差分は-1540円


② -4km:

・自費:2000 + 2000(加算分) = 4000円

・保険:2300円(健康保険利用) + 1700円(一部自費負担)

・1割では、実質1930円負担。差分は-2170円

・3割では、実質2390円負担。差分は-1610円


③ -6km:

自費:2000 + 4000(加算分) = 6000円

保険:2700(健康保険利用) + 3300円(一部自費負担)

1割では、実質3570円負担。差分は-2430円

3割では、実質2390円負担。差分は-1610円


往療のメリット

一般的に、病院であれば、数週間に1回通院するという場合がほとんどだと思います。しかし、鍼灸は都合上、運動療法(リハビリ)と同じように、1週間に数回施術を受ける場合がほとんどです。全ての方が、来院に差し支えなければよいですが、歩行困難などの理由でタクシーを利用しなければいけなかったり、車椅子を利用して通院されている方もいるはずです。そのほかに、家族の同伴が必要であったりと負担が大きい場合は、往療に切り替えた方がよい場合もあります。


往療に切り替えれば、通院時間はかからず、同伴者も在宅待機にて対応が可能です。また、天候による影響や、移動中のリスク(転倒など)を防ぐことが出来ます。また、健康保険利用の場合は、「療養費申請」をすることにより療養費が支給(7~9割戻ってくる)されます(2019年11月末現在)。ぜひご相談下さい。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page