top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

患者中心のEBM(根拠に基づいた医療)と鍼治療の話

EBMは「根拠(エビデンス)に基づいた医療」とされています。EBMというと「=エビデンス(医学論文等の科学的根拠)」と誤解してしまったり、エビデンス偏重で温かみがないと感じる方もいるかもしれません。じつは、EBMはエビデンスを重視しつつも、主に下記の3本柱で構成されていると言われています。


◆EBMの3本柱

  1. 臨床研究による最新の動向(データ)

  2. 患者様の意向

  3. 医療従事者の専門技能


EBMは最新の動向(データ)だけではなく、「患者様の意向」や「医療従事者の専門技能」も重要とされています。もし、データ偏重になってしまうと、当該患者様に対する治療方針を検討することよりも、画一的な治療方針に患者様を当て込むような「森をみて木をみず」と言った状況に陥りがちです。


臨床においては、グループ単位を対象とする研究とは違い、患者一個人を主に取り扱う趣があります。医療従事者は、患者様の治療動機・嗜好等のバックグラウンド(背景)も把握したうえで、臨床に取り組む必要があると言われています。そして、患者様の意向だけでは実現性のある治療方針策定が困難なため、医療従事者の経験等(専門技能)を加味し、最適解(ベターな方法)を模索・検討・選択していくことで初めてEBMが実践できるわけです。


こうみると、必ずしも「EBMはエビデンス偏重でない」ことが判ると思います。よくよく考えてみると、実は血が通った感じがあり、想像よりも「患者中心」と言えます。


鍼治療を検討する上で、他療法と優劣を比較されてしかるべきですが、実は、エビデンスやガイドライン上のグレード(優先度)は暫定的なもので、時代とともに変遷が見られます。


例えば、ドイツにおいて、鍼治療は「公共医療(保険適用)」として認められていますが、慢性腰痛に対する①真の鍼治療、②非経穴部位浅刺の偽鍼、③薬物療法・理学療法・運動療法の併用の通常治療を比較した大規模研究(340施設、1162名)が事前に実施されました。結果、改善率は鍼の2グループでは①47.6%、②44.2%、通常治療グループでは③27.4%となり、鍼治療が効果的であることかがわかっています。もちろん、「真の鍼治療≒偽鍼なのだから鍼治療は効果がないのでは?」といった批判もありましたが、現在は「偽鍼であっても効果発現を促す可能性がある」との見方が一般的です。


また、末梢性顔面神経麻痺を例に挙げると、日本のガイドラインにおいて鍼治療のグレードが上がったわけですが、こちらも鍼治療の本質に大きな変更があったわけではなく、時代の変遷とともに再評価されたに過ぎません。


日本の医療制度上、鍼治療を検討される方のほとんどは「医療機関での標準治療を経ている(医療ファースト)」はずです。こういった方に対し、必ずしも「現代医療(西洋医学)に比べて、鍼治療は優先度や優位性が低いため、検討することは止めましょう。」とはならないと考えています。というのも、鍼治療検討の主な動機は、「次の一手としての鍼治療(相補代替医療)」であったり、「相乗効果を期待しての鍼治療(併療)」のはずです。


治療戦略の構造からみて、治療方針を段階的・階段的・多面的に検討することに不自然さはありません。現に、「投薬治療をするから運動療法は止めよう。(またその逆もしかり)」とはならないわけです。同様に、他療法と併療が可能であれば、併せて鍼治療を取り入れることに問題はありません。また、鍼治療の実施にあたっては、鍼治療の枠内で方法を取捨選択すべきだと言えます。


そのほか、当院では、医療機関未受診の場合、積極的に医療機関受診を促し、グレードの高い治療方法(末梢性顔面神経麻痺であればステロイド治療や抗ウィルス治療)を優先するように促しています。また、鍼治療自体が不適当と考えられる症例、医学的に実現性が著しく低い場合、鍼治療は行いません。(例:がんを治すはり等)


EBMの本質は「患者利益の追求である」と考えています。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page