top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

東洋医学の治療法には副作用がない?

よく耳にするのは、「西洋薬には副作用があるけれど、漢方や鍼灸などの東洋医学的治療方法には副作用がないから安心ですよね?」「西洋薬は肝臓や腎臓に悪いから、漢方にすべきでしょうか?」という声です。果たして本当にそうでしょうか?


効果と副作用とは本来もとを辿っていけば、何かしら起きる作用のことです。私たちが便宜上、よい作用=効果! 悪い作用=副作用! として使っています。


では、本題に戻りますが、「効果はあるが、ものによっては強い副作用もあるでしょう。」というのが正解です。漢方薬も甘草などを含んでいるものは肝障害を起こしやすいため長期服用はNGです。また、鍼灸治療でも刺激が強すぎれば一時的な貧血などを生じます。


鍼灸治療は出血しやすくなる薬とは相性が良くないですが、投薬ではないため、投薬治療との並行利用がしやすいということが挙げられます。結構万能なんです。なんでも鍼灸しとけばいいよ!となりたい所ですが、医療費などの負担面を鑑みると、投薬で済むなら、わざわざ鍼までしなくても・・・と言うのが本音ではないでしょうか。投薬量を減らしたい!はやく効果を上げたい!という方には鍼灸治療の併用をおすすめします。また既存の方法では効果がなかった!ー鍼灸治療を試してみこういう方にもおすすめです。鍼灸治療は疼痛緩和や神経疾患に対し有効であると言われています。


西洋薬、漢方薬、そのほか鍼灸治療などでも得意なこと、不得意なことがあります。トータル的に考えて、これが最善だ!という組み合わせを見つけることが吉でしょう!

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page