横浜マラソン2018にケアコンディショニングスタッフとして参加しました。

所属している神奈川県鍼灸師会の一員として、先日の横浜マラソン2018にケアコンディショニングスタッフとして参加しました。


前半:

我々ケアコンスタッフは、朝6時にパシフィコ横浜展示ホールに集合し、7時前よりスタート前のランナーに対して円皮鍼/置鍼/シール鍼(今回は金属突起のみ、鍼なしタイプ使用)の貼付を行いました。ケアコン会場には、200名のランナーが来場しました。鍼灸経験者はもとより、非経験者の方も多く見受けられ、どういった効果があるのか?などという質問も多々あり、関心度の高さが垣間見れました。


後半:

また8時半のスタート開始以降は、会場へ戻ってくるランナーに対し、ケアを行っていきました。今回は7団体合同のため、鍼灸師、マッサージ按摩指圧師、柔道整復師、アロマテラーやテーピングの専門家、学生の参加があり、ランナー個々の希望にあわせた施術が可能となり、満足いただける施術を提供できたのではないかと思います。後半は500名弱のランナーが来場し、前半とあわせて700名程度となり、大変盛況となりました。


12月には湘南国際マラソンも開催されるため、出来る限り参加し、コンディショニングケアに従事できればと考えています。

最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過