top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

横浜マラソン2018にケアコンディショニングスタッフとして参加しました。

所属している神奈川県鍼灸師会の一員として、先日の横浜マラソン2018にケアコンディショニングスタッフとして参加しました。


前半:

我々ケアコンスタッフは、朝6時にパシフィコ横浜展示ホールに集合し、7時前よりスタート前のランナーに対して円皮鍼/置鍼/シール鍼(今回は金属突起のみ、鍼なしタイプ使用)の貼付を行いました。ケアコン会場には、200名のランナーが来場しました。鍼灸経験者はもとより、非経験者の方も多く見受けられ、どういった効果があるのか?などという質問も多々あり、関心度の高さが垣間見れました。


後半:

また8時半のスタート開始以降は、会場へ戻ってくるランナーに対し、ケアを行っていきました。今回は7団体合同のため、鍼灸師、マッサージ按摩指圧師、柔道整復師、アロマテラーやテーピングの専門家、学生の参加があり、ランナー個々の希望にあわせた施術が可能となり、満足いただける施術を提供できたのではないかと思います。後半は500名弱のランナーが来場し、前半とあわせて700名程度となり、大変盛況となりました。


12月には湘南国際マラソンも開催されるため、出来る限り参加し、コンディショニングケアに従事できればと考えています。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page