top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

歩く時は両脚を肩幅まで開いてみましょう

よく、「歩いているとフラフラする」であったり「歩くのに自信がない」というお話を耳にします。こういった場合、まずは歩行確認をします。よくあるパターンは、両脚の幅が極端に狭い、いわゆる「モデルウォーク(モデル歩き)」になってしまっていることが多々あります。


モデルウォークとは、足元から遠方に引いた一本の線に沿って歩くような歩き方です。前方からみると両脚の空間が見えないことから、非常に見栄えがよく、正しい歩き方のように見えます。しかし、幅が狭いため、綱渡りをしているのと同じ歩き方とも言えます。そのため、実は非常に不安定な歩行状態です。


正しい両脚の幅は、いわゆる「肩幅」ですが、なかなかイメージがわかない方も多いのではないでしょうか?頭でわかっていても、「では肩幅に開いて、、、」と言われると、どの位置を「肩幅」とすべきなんだろうと思うはずです。


一番簡単な位置の決め方は、左右どちらかから軽く押してもらいながら、力の入りやすい両脚の幅を確認することです。両脚の幅が狭すぎると、軽く押された時に、バランスを崩してしまいます。逆に、力が入りやすいからと行って極端に広げ過ぎると、膝が曲がらず足が前に出なくなります。足が前に出ないと歩行が出来ないため、これは幅を広げ過ぎと言えます。そのため、狭い幅から徐々に広げていき、十分に力が入る位置を「正しい両脚の幅=肩幅」とします。


この肩幅を保ちながら歩行の練習をしてみて下さい。思ったよりも力が入り、フラフラ感は減るはずです。数歩歩いてフラフラ感が戻ってしまう場合は、歩行とともに幅が狭くなっていってる場合がほとんどです。どうしても幅が狭くなってしまったりする場合は、床にテープを貼ったりして適切な幅がわかるようにするのも一つの方法です。


中には、足がどうしても上がらない、どうしても足を前に出せないと言う場合もあるかもしれません。そういった場合は、関節可動域の問題や筋力不足も考えられるため、幅の改善(姿勢)以外にもストレッチや筋力トレーニングが必要となります。歩行速度や歩幅はサルコペニア(全身の筋肉量と筋力が低下し身体能力が低下した状態)の診断基準となるため、注意が必要です。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page