top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

生理時の下腹部痛に対する鍼施術

生理痛の主な原因は、炎症から作り出されるプロスタグランジンという物質です。このプロスタグランジンが子宮平滑筋の収縮を促し生理が来るわけですが、プロスタグランジンは痛みを増強させる作用があり、炎症や痛みを更に強く感じるようになります。ロキソニンやイブなどの解熱鎮痛剤はプロスタグランジンの生成を抑制し、痛みの緩和を行っているわけです。また、2011年に販売開始したエルペインコーワは、イブプロフェンの他に、下腹部の収縮を抑えるブチルスコポラミン臭化物を配合しており、どちらの痛みにも作用するように設計されています。


生理痛:

  1. 子宮平滑筋の収縮に伴う痛み

  2. 炎症に伴うプロスタグランジンの痛み増強作用


鍼の生理時の下腹部痛に対する作用機序は、鎮痛作用と調整作用が考えられます。直接下腹部に鍼をすることによって、局所循環不良を起こしている部位の血流量を改善すること、そして、過度に収縮している子宮平滑筋の調整、腹部筋緊張の緩和を行います。


痛む処を指さしてもらい、鍼を刺入後に鍼感(ズーンとした感じ)を確認した後、捻転手技を施します。痛む箇所が複数あれば同様の手技を行い、併せて全身調整のツボにも刺鍼を行います。


全身調整では、気海、関元、中極、帰来、血海、足三里、三陰交、太衝、十七椎などのツボを使います。併せて遠赤外線治療器やお灸を併用すると尚良い印象です。


一般的には予定日一週間前から全身調整を行うと良いとされています。お灸などを用いたセルフケアも有用です。ぜひお試しください。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page