top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

症状改善後の継続加療は必要?

症状改善後の継続加療の必要性について度々質問を受けます。


継続加療を考えるポイントとして、①本当に治ったと言えるか?②今後悪化する可能性があるか?といったところに注目しています。ではどういった場合は、強く該当するのか?というと、、、①加齢に伴うもの②(若い方でも)環境的に問題が生じやすい場合ではないでしょうか?


一般的な風邪など一週間程度で自然治癒する場合、継続加療は必要がありません。風邪自体が完全に治れば、再発もありません。こういった「急性症状のみ」「一過性」のものだけが治ったと言えるでしょう。


加齢に伴うもの、例えば変形性腰椎症や膝関節症などの疾患は、症状緩和はあっても徐々に悪くなっていきます。とくに高齢の場合、一時的に痛みが治まったからといってケアを怠るとすぐに悪化し、時には想像よりも悪くなることが多々あります。なぜなら、「加齢自体は治らない」からです。どんなに健康的な人でも、皆誰しも徐々に年老いていき、いつまでも若い人と同じ(または若いころと同じ)とはいきません。


また、若い方でも環境的に問題が生じやすい場合、例えばスポーツや労働で筋肉を酷使する

ような場合は、一旦症状が治まっても、同様の環境に身を置いている以上は同様の問題が発生します。ケアを定期的に行い、負担軽減に努めることが症状改善または将来の悪化を防ぐ手立てとなるはずです。


継続加療に悩んだときは、前述のポイントを考慮した上で決定することが大切です。また、自己判断だけではなく、必要に応じて担当施術者に相談することをおすすめします。


最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page