top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

痛いところは全部ツボ?阿是穴って何?

阿是穴とは?

鍼灸は、ツボ(経穴)と経絡を鍼で刺激することによって「何らかの生体反応」を引き起こすことを目的としています。奇穴(経絡上にはないもの)と言われるツボは年々増えたりしますが、一般的には正経十二経(五臓六腑の名前がついた経絡)と任脈(前正中線)、督脈(後正中線)を合わせた十四経上にある361穴が一般的なツボにあたります。


そのほかに阿是穴(あぜいけつ, a shi xue)というツボがあります。これは定まった場所ではなく、経絡外にある圧痛点やコリなど反応のある場所を指します。「以痛為輸(痛みを以って輸と為す)」から来ている概念です。簡単に言えば、痛いところは全部この阿是穴ですよ!ということです。


鍼灸師は脈をみたり、舌を診たりしながらツボを決めたり、五臓六腑の症状からツボを決めているだけではありません。とくに学生の時は「なにかとツボツボツボ、、、」「五臓六腑を調整して、、、」と考えてしまうことがありますが、症状によっては阿是穴を刺激するだけで著効する場合が多々あります。


トリガーポイントとドライニードリング

アメリカでは理学療法士に対し鍼灸鍼を使った手技(ドライニードリング, dry needling)が許可されました。東洋医学的な弁証論治(治療原則)に基づかない解剖生理学に基づいた方法とされています。もちろん一般的な経穴や経絡は用いません。筋肉の痛いところ(トリガーポイント=阿是穴)に鍼を刺すだけです。


じゃあアメリカの鍼灸(acupuncture)はこれとは違うの?ということになりますが、アメリカでは東洋医学的な弁証論治に基づいた方法が「鍼灸(acupuncture)」と定義されています。日本ではこの「acupuncture」も「dry needling 」どちらも同じ鍼灸師の取り扱いになるため、国によって大分定義が違うなぁ、、、という印象です。


ドライニードリングの紹介

Dry Needling by a Physical Therapist


Is Dry Needling for Me?


さいごに

ただ痛いところに刺しているようにみえる「阿是穴への刺鍼」や「トリガーポイントへのドライニードリング」も立派な鍼灸技術の一つです。症状によってはこれだけで著効する場合があります。とくに筋肉由来の痛みに対して有効です。一概に舌や脈をみて治療方針を決めなければ効かないというわけではありません。この阿是穴もちゃんと東洋医学的に定義されているツボだと言えます。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page