top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

筋・筋膜の問題から生じる肩関節の可動域制限

関節自体が固まってしまうことによる可動域制限、いわゆる拘縮という問題があります。五十肩は肩関節に拘縮をきたすことで有名ですが、それに似た症状を呈した筋・筋膜症候群と疑われる症例を目にすることが度々あります。


拘縮の改善は一般的に時間がかかるか、時間がかかっても難治性の場合が多い印象です。とくに高齢者の場合は後遺症として症状が残存する傾向にあります。逆に、単なる筋・筋膜の問題であれば、施術中にトリガーポイントの反応(局所単収縮反応、LTR、筋肉がビクッとなる反応)があり、施術直後から可動域改善や痛みの軽減が認められます。


拘縮と筋・筋膜症候群は同じ可動域制限を呈していても、メカニズムが違います。拘縮は、関節周りのコラーゲンが軟部組織に絡みつくことによって「質的に変化して動かせない状態」です。筋・筋膜症候群は、筋硬結(いわゆる「コリ」)による痛みによって「痛くて動かせない状態」です。そのため、後者の場合、コリ自体が解除されれば可動域や痛みの程度は改善するわけです。


筋・筋膜症候群ならそんなに大変じゃないのか、、、と思う方もいるかもしれませんが、問題は、長引くと関節拘縮を引き起こし、結果として五十肩になってしまうことがあります。そのため、痛みがある場合は、出来るだけ早期からケアを始める方がよいと言われています。


一般的に、筋・筋膜症候群はトリガーポイント注射や鍼療法がよいと言われています。温熱療法や電気療法であまり効果がない場合は、試してみてはいかがでしょうか?


そのほか、腱板断裂などでも腕が挙がらなくなります。ご自身で腕を挙げることができないが、他の人に挙げてもらえばスンナリ腕が挙がるような場合、腱板断裂の可能性があるため注意が必要です。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page