top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

緊張型頭痛に対する鍼治療は有効:薬物療法が効かなかった時の選択肢として

1次性頭痛の中で、「緊張型頭痛」の占める割合は7割程度と言われています。精神的なストレスや身体疲労などの因子が複雑に絡み合って、後頚部や頭部の締め付け感、肩こりなどを諸症状とする「緊張型頭痛」が起きます。


緊張型頭痛に対して鎮痛剤など療法を試すことが多いとおもいますが、薬物療法が効かなかった時、反復性または慢性の緊張型頭痛の選択肢として鍼療法も有用です。


菊地ら(2016)の報告によると、1ヶ月の薬物療法で効果の得られなかった反復発作性緊張型頭痛(frequent episodic tension-type head-ache, FTTH)と慢性緊張型頭痛(chronic TTH, CTTH)の患者に対し鍼療法を行なったところ、有効率はFTTH80.1%、CTTH59.9%となりました。


評価にはVisual Analog Scale(VAS)という自覚症状の評価に用いられる指標(100mmの線の上に印をつける方法。左が0、右端が10とする。)を用い、50%以上の改善で有効としています。


National Institute for Clinical Exellenceのガイドラインでは5-10回検討するようにとされていますが、菊地らの報告では、FTTHは平均2.8回14.9日、CTTHは平均8.9回35.9日の治療介入期間となっています。菊地らはFTTHでは3回2週、CTTHでは9回5週継続し効果判定すべきだと述べています。


以上のことから、薬物治療にて治療成績が思わしくない場合は、鍼療法は選択肢の一つとなり得ることがわかります。また、鍼療法を行う場合は、1回だけで効果を判定すべきでなく、最低1ヶ月程度は継続してみることが重要です。とくに慢性的な緊張型頭痛には根気が必要であると言えます。


鍼は即効性がある、鍼は穏やかにゆっくり効いてくるといった極端な議論がされがちです。しかし、実際は症状や体質、環境などによって個人差が出てきます。こういった事は無視されがちですが、菊地らの報告が裏付けるように、同じ緊張型頭痛でも性質・性格によって鍼の 効き方が違ってきてしまうのです。


緊張型頭痛にかぎらず鍼療法を開始した場合は、ある程度の期間は根気よくつづけるようにしましょう。


参考文献:

[1]菊地 友和 他(2016),薬剤で期待すべき効果の得られなかった緊張型頭痛に対する鍼治療の臨床的効果, 神経治療, 33(3): 480-483

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page