top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

自費鍼灸を取り入れるべきかどうか?脳卒中・認知症・パーキンソン病・顔面神経麻痺などは鍼灸適応です。

自費鍼灸メインの鍼灸院へ足を運ばれる方のパターンは2極化しています。

1) 肩こりなどや何となく体の調子を整えるために鍼灸院に来られる方

2) 様々な方法(とくに医療保険)を試して結果が思わしくなく+αを求めて来られる方


前者の場合は、比較的軽度で予防目的や疲れを取るリフレッシュなどが目的です。後者の場合は、比較的重度な場合が多く、急性期であれば痛み止めが効かない、慢性疾患であれば慢性期も慢性期、進行性疾患であれば生活に支障が出ている場合がほとんどではないでしょうか?


特に多いのが後者のパターンです。病院などの保険医療機関で薬物療法や運動療法(リハビリ)を行ったが症状改善が芳しくなく、鍼灸療法を取り入れようと考える方は少なくありません。


あまりよく知られていませんが、鍼灸院は保健医療機関(病院)ではないため、特定6傷病に対してのみしか療養費(鍼灸の保険)利用できません。また、医療保険との併用は不可となり、医師の同意書が必要となります。時間も比較的短めで、局所施術主体で、自費と同じ施術内容ではない場合がほとんどです。


特定6傷病:

1) 神経痛

2) リウマチ

3)腰痛症

4)五十肩

5)頚腕症候群

6)頚椎捻挫後遺症


なぜ同一傷病で医療保険が併用できないのか?という質問が多いですが、制度上の位置付けは「現代医療で方法がない場合に、医師の同意のもと保険利用で鍼灸を行う」とされているからです。病院での薬物療法や運動療法(リハビリ)での医療保険が利用できなくなるため、慎重に扱わざるを得ません。


では自費鍼灸はどうでしょうか?自費鍼灸の場合は、当然上述したような制度上の縛りはなくなります。現代医療(主に薬物療法や運動療法)で治療成績がよくなかった場合には、+αとしての鍼灸療法併用をおすすめしています。とくに、療養費適応範囲外の方で以下の項目に該当する場合は強くおすすめします。


自費鍼灸を取り入れるときに考えるべきこと:

1) あなたがお悩みの症状に後遺症期と回復期がありますか?

→例:脳卒中後遺症や顔面神経麻痺は180日を越えると治療成績が著しく下がります。後遺症期(維持期)以降、病院ではリハビリ等で制限が掛かります。神経麻痺症状は機能面以外にも審美面でも悩みを生みます。回復期の段階から鍼灸療法を取り入れて、良いと言われていることはやってみるということも重要です。


2) あなたがお悩みの症状は進行性ですか?

→例:進行性の難治性疾患の症状軽減によって、健康に過ごせる時間を延ばすことは重要です。パーキンソン病の運動性・非運動性の症状は鍼併用で改善する可能性があります。また、認知症の周辺症状改善にもよい作用があると報告されています。


3) あなたがお悩みの症状は生活に支障をきたしていますか?

→例:電気療法などを行っても痛くて寝れないことありませんか?電気療法を数ヶ月、そして数年継続されていませんか?


もし上記の質問に一つでも「YES」と思ったのであれば、自費鍼灸併用を考えてみてください。当院では無料相談(要予約)を受け付けています。メールやお電話でも簡単なことにはお答えします。お気軽お問い合わせ下さい。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page