top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

「華陀夾脊穴」と「盤龍刺」で自律神経や五臓の調子を整える?

鍼灸治療で使われている用語には、古来から馴染みのある言葉がふんだんに使われています。なかでも「盤龍刺(はんりゅうし)」という面白い刺し方があります。名前だけ聞くと、非常に難しい印象がありますが、一目見るとすぐに何故この名前なのか?「なーんだそういうことか!」とすぐにわかります。ではどういったものなのでしょうか?

 

読んで字のごとく、「龍」という名前の通り、ドラゴンと関係しています。この盤龍刺ですが、頸から腰まで背骨の脇すぐに左→右→左・・・と交互にツボを取ります。このツボをなぞっていくと背中にドラゴンが昇っているかのように見えます。

 

効能としては、「五臓の調子を整える」であるとか「自律神経を調整する」などと言われていますが、一体なぜそういわれているのでしょうか?

 

まず、経絡経穴的には、背骨の両脇には「華陀夾脊穴(かだきょうせきけつ)」というツボがあります。また背中には上から下に走っている膀胱経という経絡があります。膀胱経には○○兪(例えば心兪とか肺兪とか・・・)というツボがたくさんあるのですが、これは五臓を整える作用があります。また、同じレベル(高さ)にある華陀夾脊穴にも同様の効果が期待できるため、「五臓の調子を整える」ことができると考えられます。

 

そのほかに、解剖生理学的にみて、背骨の際に刺鍼をすることによって自律神経に作用することが出来ると言われています。

 

では、「華陀夾脊穴」と「盤龍刺」で一体どのような違いがあるのか?気になる方もいるかと思います。簡単にいうとほとんど同じといってよいと思います。ただ使用する鍼灸鍼の本数などは単純に倍となるため、刺激量をコントロールする場合(例えば上から下まで全部刺すなど)には「華陀夾脊穴」よりも「盤龍刺」の方が負担が少ないと言えます。

 

例えば、全体的に自律神経を調整したい場合は上から下までまんべんなく刺すため「盤龍刺」を使います。肩こりや首こりなどで肩甲骨の内側が痛む場合などは「華陀夾脊穴」を頸椎~胸椎レベルで使います。頸椎症性神経根症など肩・腕に症状が限局している場合は「華陀夾脊穴」を、同じ頚椎症でも四肢に神経症状がでるような「頚椎症性脊髄症」などの場合は、範囲が広いため「盤龍刺」を使います。

 

伝統医療に関する言葉は、古来からの人の思想と結びつくようにできています。現代のツボの国際表記はナンバーとなっています。漢字圏以外に配慮し、中国語由来の言葉は採用されませんでした。利便性をとるか?伝統を重んじるか?とても難しい所ですね。

最新記事

すべて表示

嚥下困難や構音障害に対する鍼

脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血)などによって「嚥下困難(呑み込めない)」や「構音障害「(舌が回らない)」が生じることがあります。「嚥下困難」や「構音障害」などの舌や喉の運動機能障害は、誤嚥性肺炎のリスクが上がるため、注意が必要とされています。実は、こういった随伴症状に対しても鍼は有効といわれています。 当院では、嚥下困難や構音障害がある場合は、「廉泉(れんせん)」というツボを使っています。教科書どお

パーキンソン病は鍼で治るか

はじめに 最近、NHKの鍼療法に関する番組の影響か、「パーキンソン病に対して鍼はどうか?」と言った関心の声があるようです。本稿では、パーキンソン病と鍼療法について述べていきたいと思います。 パーキンソン病は治らない パーキンソン病は、進行性の神経変性疾患のため、基本的に治ることはありません。もちろん、鍼をしたからと言って治るわけではありません。「鍼でパーキンソン病は治らない。」という話をすると、「

[お知らせ]予約システム変更のお知らせ

日頃から当院をご利用いただきありがとうございます。 お電話によるご予約のみでしたが、ご不便をお掛けすることがありました。 利便性を図るため、ネット予約システムを導入することに致しました。 今後は、ネット上にてご予約とキャンセル・予約状況の照会が可能です。 なお、キャンセル締切後のネット上での操作は出来ません。 当面の運用状況は下記のとおりとなります。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。 1)

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page