top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

認知症に対する鍼灸の取り組み

現在、老人病研究会(日本医科大学)が認知症に対する鍼灸の取り組み「認知症専門鍼灸師GOLD-QPD」を行っています。文科省の委託推進事業として、カリキュラムの作成や、教育、啓蒙なども行っています。

 

もとは中国天津中医薬大学第一付属病院の韓景献教授の2008年に提唱した「三焦気化失常と老化の相関論」を鍼灸治療法の処方として発展させた「三焦鍼法」がベースとなっています。

 

本来は、「老化予防(アンチエイジング)」の鍼法であり、認知症以外でもパーキンソン病・メージュ病・多系統萎縮症・小脳性病変・脳血管障害後遺症など神経変性疾患などにも効果を上げています。

 

老人病研究会の川並会長は、高齢化社会に伴う認知症患者増加に対し、何かよい治療方法はないか?と模索検討したところ、韓景献教授の論文がヒットしたと話されていました。まさに天使の黄金の矢に打たれたようだったとの事です。

 

その後の流れは、韓景献教授を開発者として招聘し、セミナー開講などによって普及・啓蒙、そして、症例数を集めて研究発表を行っています。私も天津留学時に、韓景献教授の手技を見た際、キューピッドの黄金の矢に打たれたように魅了され、日々臨床において実践しています。一人でも多くの悩みを抱えている方にとって、黄金の矢を射るキューピッドのようになれるよう努めています。

 

こういった鍼灸の啓蒙は、鍼灸業界のみならず、医療界全体で推進されていってこそ、初めて「鍼灸」というマイノリティが世間一般で認知されていくのではないでしょうか?他分野においても同様の流れができることを願っています。

 

当院では、「三焦鍼法」をメインに取り扱っています。お悩みの方は、気軽にご相談ください。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page