top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

足三里でお腹の調子を整えよう。

足三里のツボをご存知でしょうか?松尾芭蕉が奥の細道を旅している間、足の三里にお灸をすえたという話もあります。足三里というツボは、胃腸に作用するツボです。また、補う作用が強く、身体的に疲れている場合にはとりあえず足三里というくらい重宝します。

 

古典では「肚腹三里留/吐腹(とふく)は三里に留む」といい、お腹の問題は、足三里を使います。足三里に鍼をして、補法(補う方法)を施すと、お腹からキュルキュルと音がする場合があります。これは、足三里を刺激すると、腸の蠕動運動が促進されるからです。足三里は胃経に属していますから、胃と関連していると言えます。

 

では、なぜ足三里は疲れを取り去って、健康増進に働くのでしょうか?東洋医学では「脾胃(現代解剖生理の脾臓ではない)」の調子が健康のバロメーターになっています。「脾胃」は「消化器官」と同じ意味で、現代医学でも「食べられない」ことは、健康を害する大きな原因の一つと考えられています。栄養が足りなければ、人間の体は正常な身体活動を保つことができません。

 

足三里は前述したように、胃と関係があるため、刺激することによって、胃腸の調子を強め、消化吸収をよくし、結果として身体の健康を増進・維持します。疲れた時、足三里にお灸をしてみましょう。刺激量はじんわり温まるまでで十分です。

最新記事

すべて表示

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事

本稿では、顔面神経麻痺のリハビリの一つである「ミラーバイオフィードバック法」に触れていきたいと思います。 ミラーバイオフィードバック法とは、「鏡を見ながら顔を動かすリハビリの方法」です。主に、口を横に開く「イー」、口を尖らせる「ウー」、ほっぺたを膨らませる「プー」の三種目を行います。 ミラーバイオフィードバック法の目的は「病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど、後遺症の一つ)の予防」です。そのた

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page