top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

足三里への灸は免疫力を高める。

足三里への灸は結核・HIV患者へ応用されている

新型コロナウィルス(以下、コロナ)が世界的に猛威を振るっています。そして、免疫力という言葉が盛んに取りざたされています。


鍼灸の世界で言えば、モクサアフリカの途上国での活動が有名です。結核患者にモクサ(お灸)を用い、結核治療(薬剤)を補助するというものです。お灸は取り扱いもさほど難しくないため、在宅セルフケアとも相性がよく、現地では成果をあげているようです。また、同団体の研究成果として、結核患者やHIV患者へのお灸(足三里)は免疫力向上(CD4)の効果があることがわかっています。


しかし、モクサアフリカのサイトにも載っていますが「お灸が結核を直接治す」というわけではないようです。治療薬の副作用である関節痛の緩和や、疲労回復、食欲増進による回復力を高めることが主眼となっているようです。


コロナと民間療法

こういったお灸などを用いることによって健康増進することが分かってきていますが、免疫力が上がったからといって、「コロナに絶対掛からない」「コロナに掛かった後に免疫力をあげれば絶対治る」というわけでもありません。前述の内容も、結核やHIVへの効果の裏付けに過ぎません。一部の人々は「免疫力~」「~はコロナに効く」と何でもかんでもコロナ対策に結び付けたビジネスを展開していますが、コロナの直接的治療方法は未だ手探り状態です。


マスク着用・うがい・手洗いなどをしっかりして、不要不急の外出をひかえる、睡眠や食事はしっかりとるなどの対策が基本となってくるはずです。また、コロナ感染と思わしき症状が出た場合は、まずは政府の指針に従って行動をしましょう。間違っても鍼灸院へ出向くようなことは止めましょう。


さいごに

日頃から体調が優れない方や体調に自身がない方はお灸や鍼による「未病ケア」をおすすめします。もちろん「未病ケア」ですから、健康な方の健康維持や増進にも役立つはずです。外出自粛時には、セルフケアとしてお灸を試してみるのはいかがでしょうか?


※当院ではお灸指導のみ(カウンセリング)しか行っていません。施灸はしていません。


付録:足三里のお灸

1)足三里の位置

2)お灸の仕方


参考:

(PDF「お灸は世界を救う」)

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page