top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼感は鍼治療につきもの

鍼を受けたことがありますか?という質問を初診時に必ずしています。ほとんどの方が鍼は未経験という回答が多いですが、中には経験があるという方もいらっしゃいます。しかし、鍼の経験があっても必ずしも鍼に慣れているわけではありません。中には、鍼を受けたことがあっても、鍼感(ドーンと響く)やLTR(局所単収縮反応、筋肉がビクッとなる反応)に対して面食らう方が少なからずいらっしゃいます。


施術を受ける前は「(鍼は無痛ではないですよと説明を受けたうえで)鍼は受けたことがあるから、鍼なんて大丈夫」という方も「こんなに痛いのはなかった、、、」と漏らすこともあります。鍼感やLTRも実際は、「痛い」と感じてしまうため無理はないですが、古典においても「気至而有効、気不至則不治(気が至れば効果があり、気が至らなければ治らない)」とされており、重要なポイントです。「鍼は痛くもなかったけど、何も効果がなかった」と感じられる場合は、刺激量不足の可能性が大いにあるわけです。


たしかに、「鍼を受けるだけ(または受けてもらうだけ)」に着目すれば痛くないようにしていく方が理にかなっているわけですが、鍼療法・鍼治療と呼ばれているとおり、本質は昨今流行りの美容や慰安だけではないはずです。良薬は口に苦しではないですが、ときに鍼も、注射や運動療法や手術と同様に、決して楽しいものではなく、症状改善・治療目的のための手段として存在しているように思えてなりません。


鍼は「痛いもの」ですが、決して「痛いだけのもの」ではなく、鍼感やLTRによって大幅に症状が改善できうる症例はたくさんあります。とくに、「何とかしてよくしたい。」「鍼感があってもいいから、症状を改善したい。」と思う方は、鍼感を過剰に恐れないでください。筋肉がコリ固まっていたり、血行が悪かったり、神経痛が強く出ている場合は鍼感も必然的に強くなりますが、症状が治まれば鍼感も弱まっていくはずです。


一鍼灸師として、患者さんのために鍼感を出す、または刺激に慣れさせていく鍼灸師は愚直で基本に忠実であると感じています。


最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page