鍼施術後にお風呂に入っていいか?の質問にお答えします。

鍼施術に際して、「施術後にお風呂にはいっていいか?どうか?」の質問をよく受けます。鍼をしたところから水が入っていかないか?そこから感染を起こさないか?色々と心配することもあるかと思います。


答えは、「鍼施術後にのぼせなど疲労感がなければ通常通りお風呂に入っていただいてかまいません」です。


鍼施術によって血流が改善する場合がほとんどです。そのため人によっては疲労感を訴えたりといったことがあります。その場合はシャワーに切り替えて頂く、アルコールは摂取しないなどに気をつけていただければ特に問題はありません。


感染に関しては、一般的に体の中には免疫系統があり、菌の進入を防ぎます。また鍼のせいで穴があいてしまって、深部まで菌が到達してということもありません。実際の鍼灸施術では刺鍼前と抜鍼直後に患部を消毒しています。使用する鍼も注射用の鍼のような太さではなく、髪の毛程度ですので、穴が開きっぱなしになるということはありません。ご安心ください。


重度の糖尿病など極端に易感染傾向の場合は鍼施術自体をお断りしています。



最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過