top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸に限らず、気持ちよさそうだから○○療法にしようといった考えはおすすめしません。

鍼は痛そうだし、灸は熱そうだから、鍼灸は避けて「気持ちよさそうな○○療法」にしようといった考え方はおすすめしません。とくにカイロや整体などの無資格マッサージは法律上は「気持ちいいこと(リラクゼーション)」しか出来ないのです。症状が改善するということはほとんどありえません。施術者にかぎらず、患者さんには特に注意していただきたいと思っています。本来の症状改善という目的から逸脱していくことは遠回りにしかなりません。


マッサージ(無免許慰安マッサージ除く)、はり、きゅう、その他療法を含めて、国家資格施術者の根底にあるのは「この瞬間気持ちいいかどうか」ではありません。「いかに悩める症状を改善するかどうか?」この1点に尽きるのです。


病院に行って、薬をもらって、時には点滴を受けることもあるかと思います。薬を飲む目的は?点滴を受ける目的は?それはなぜでしょう?つらい症状を緩和させることが目的ではないでしょうか?「注射は嫌だから、経口でインフルエンザの予防接種をしたい」とは思わないはずです。


鍼も同じです。「気持ちいいこと」と「改善すること」は決してイコールではありません。時にはマイルドな施術になるかもしれませんし、時には強めな刺激を伴う施術になるかもしれません。それは患者さんの一人一人の症状によって変わってきます。


昨今では、施術者は愛護的に診療にあたるべきだと言われています。愛護的という意味は、リラクゼーションをメインとした「施術面での気持ちよさを追求する」ことではありません。「最小限の負担で改善を目指す」こと、不必要な検査や介入はさけて、適切な施術をおこなうということです。勘違いされやすいですが、適切な施術とは「無痛の施術」というわけではありません。


当院で行っている「醒脳開竅法(せいのうかいきょうほう)」という処方があります。この処方は脳卒中後遺症改善のために中国天津で開発されたもので、強刺激です。そのため「無痛」ではありません。しかし、1970年代より中国はもとより世界的に普及し、海外から中国へ渡り脳卒中後遺症を治療している方も多くいらっしゃいます。こういった現象は「有痛無痛」が本来の目的ではなく、改善を目指すことが重要であるということを裏付けています。


鍼施術はリラクゼーションではありません。国家資格保有者が改善を目的にして施術を行っています。鍼灸に限らず、「有痛無痛」だけに着目せず、研究がされているか、適切に運用されているか、実際はどうなのかといったことを考えながら選択していくべきだと思います。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page