top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸はエビデンスレベルが低い?

鍼灸の臨床研究はエビデンスレベルが低い!とお叱りを受けます。一理あります。では何故エビデンスレベルが低いのでしょうか?原因は?エビデンスって何?エビデンスとは、「根拠」という意味です。エビデンスレベルが低い=科学的根拠のレベルが低いということです。


 臨床研究の一般的な方法は,あるグループAとあるグループBを比べて、何か違いがあることを証明することです。普通は片一方に治療を施して、片一方には何もしない状態で研究を行います。重要なのは何にもしていない状態に比べてどうかという比較です。逆に言うと、治療方法ふたつを比較することは、新治療法と旧治療法の優劣判定以外はあまりしません。どちらが優れているかしかわからないからです。


昨今ではシングルブラインド、ダブルブラインド、トリプル・・・などの目隠しをした状態での臨床研究が主流です。なぜ目隠しが重要なのでしょうか?研究目的がわかると被験者や研究者はどうにかしてよい結果を出そう!と無意識に何かをします。これが一番いけないわけです。


 目隠しの状態って一体なんだ?となると思います。簡単に言うと、例えば被験者はどの介入をされているかわからない状態(例:薬と偽薬)ということです。これは目隠しされた状態だと言えますね。これでシングルブラインドです。実験担当者が誰にどんな介入を行っているかわかっていない状態を足すと、これでダブルブラインドとなります。目隠しのレベルが上がれば上がるだけ質のよい研究となります。無味無臭の薬だと目隠しなんてちょろいもんです。


逆に鍼灸治療はどうでしょうか?鍼は痛くないですか?チクチクしませんか?鍼ってズドーンってきますよね?それだと・・・残念ながら目隠しにならないわけです。現状を打破しようと色々と試行錯誤が行われています。例えば、刺さったか刺さっていないかわからないような鍼をつかう!これだと刺激量としては実際の臨床と違いますね。じゃあ・・・片方はツボに刺して,もう片方はツボと違うとこに刺すか!としていた時期もあります。でも刺しちゃうと刺していないことにはならないので、現在ではあまり使わなくなってきていますね。

 

その他にも鍼の深さは?方向は?刺激量は?刺激方法は?ツボの位置は?ツボの相互作用は?などの要素が研究者の頭を悩ませます。


鍼灸治療の研究は難しいですね。エビデンスレベルの高い研究は必然的に少なくなってしまいます。ただ、間違ってはいけないのは、一概に「エビデンスレベルが低い=鍼灸治療は効果がない。」とは言えないことです。まだ研究の余地があるというのが正しい解釈の仕方です。「より完璧な実験方法」が待ち遠しいかぎりですね!

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page