鍼灸やったほうがいいですか?という質問に対する答え。他に方法がないのであれば試してみてはいかがでしょうか?

鍼(灸)やったほうがいいですか?

「鍼(灸)やったほうがいいですか?」という質問をよくされます。


鍼灸師に「鍼をしたほうがよいか?」という質問もどこかおかしいような気もしますが、質問をされている患者さんにとって、「本当にご自身の為になるかどうか?」という点で一度はっきりさせておきたいポイントです。とくに(日本では)一般的とは言えない鍼灸療法ではなおのことだと思います。


ほとんどの患者さんは、病院などに行かれて標準治療を受けて(俗に言う医療先行)、それから鍼灸院へという流れがほとんどだと思います。


「神経痛」「腰痛」など、痛みに関係のある症状を抱えている方が多く、鎮痛剤や湿布、そして電気療法などで改善がみられないなどの理由が来院動機となっている場合がほとんどです。


なんとかならないか、、、でも鍼灸は試したことがないし、、、不安だ。そういった心理から出ている質問だと思います。


答えはもちろん、、、「試してみたほうがよい」

実は、「痛み」に関係する症状・疾患は鍼灸と相性がよく、世界的に研究されている分野も「疼痛領域」が一番多いです。


医療先行で鎮痛剤や湿布など標準治療を経ても痛みが取れていない場合は、自費鍼灸併用または、保険適応症であれば保険鍼灸に切り替える(注:保険による医科との併療不可)など取り入れてみることをおすすめしています。


また、鍼灸療法は「運動器系」や「神経領域」の疾患での臨床応用が多くされています。運動器系といえば頸椎症、五十肩、膝関節症、腰椎症などの痛みを伴うもの(整形外科疾患が主)。神経内科領域であれば、顔面神経麻痺、脳卒中(後遺症:片麻痺、嚥下障害etc)、パーキンソン病、認知症、その他:末梢神経障害などです。


効果があるかどうか

基本的には、研究報告や文献などエビデンスに基づいたものは、「一定の保証」があるため、積極的に導入してよいと考えています。また、鍼灸は経験医学のため、経験則に基づく部分もありますが、薬物などと違い重篤な副作用はなく、薬との飲み合わせもないため、気軽に取り入れても問題ありません。※一部の鍼灸手法は近代的研究手法に不向き


鍼灸に関する日本国内での(日本語での)論文数は少ないといえますが、アメリカ、ドイツなどの欧米、そして中国、韓国などの東アジアでは鍼灸の研究は盛んに行われています。アメリカでは最近、理学療法士に(acupunctureではなくdry needlingとして)一部鍼療法の使用が解禁されました。効果が期待できるからこその解禁といえます。


Dry Needling by a Physical Therapist(理学療法士による鍼灸):


もちろん、研究で「効果がある」と出ている場合でも、臨床においては「個人差」があります。症状や体質によって、効果は変わります。劇的に改善する場合、全く変わらない場合と様々です。


しかし、個人差の話をきいて、「鍼灸は個人差があるからだめか、、、」と考えるのはナンセンスです。鍼灸に限らず、「薬物療法(湿布、鎮痛剤など)」「運動療法(リハビリ)」でも個人差が生じるからです。これは普通のことです。「鍼灸だから」といって心配する必要はありません。


そのため、個人差は「一定期間」「一定頻度」で鍼灸施術を受けてみてから初めてわかります。案じるよりは試してみることが重要です。

具体例

鍼灸を取り入れる方の例として、、、


・湿布や鎮痛剤、電気療法では痛みがとれなかった

・以前は薬物療法が著効していたが、効果が減衰してきたため、鍼灸も併用したい

・薬物アレルギーがあるため、自然療法である鍼に興味がある

・中長期的な薬物療法で胃腸障害など副作用がでてきたため、他療法を探している

etc...


最後に

鍼灸院を訪れる場合、何らかの来院動機があるはずです。鍼灸未経験の方が、病院受診をとばして、最初から鍼灸院を訪れるということはまずありません。


もしそのお悩みの症状を改善するため、すでに標準治療を受けている(または受けた)場合、それでも改善しづらい、または併用による相乗効果を期待している場合は、ぜひ鍼灸を試してみて下さい。


当院では、来院された方(相談に来られた方)の話を詳しく聞いた上で、その症状が鍼灸適応か否か(もちろん常識的に効果が期待できない場合もある)、そして、どのような方法が良いか(施術方法や健康保険適応かどうか)などの情報を提供しています。


むやみやたらに「何でもかんでも鍼しましょう!」とは言いません。症状や体質によっては、内科クリニック(漢方)を紹介しています。無料相談もやっていますので、ぜひご利用下さい。※要事前予約



最新記事

すべて表示

平素は当院をご利用いただきありがとうございます。 夏季休暇を下記のとおり頂いております。 サイト内告知が遅くなり申し訳ございません。 夏季休暇中は、電話は繋がりませんが、メールは対応可能です。 何かありましたらメールにてご連絡下さい。 夏季休暇: 令和4年8月11日~18日

鍼をすると、自律神経の副交感神経が優位になり「リラックス状態」になると言われています。そのため、鍼を刺したままベッドで安静にしている「置鍼・留鍼(ちしん・りゅうしん)」の最中には眠ってしまう方が多い印象です。よくカーテンの向こうからイビキが聞こえてきます。 「鍼を刺したままで痛くはないのか?」という質問を受けることがありますが、鍼が刺さった後は「するどい痛み」が持続することはありません。少しずーん

私は「絶対に治します。」「絶対に治ります。」「すぐ治ります。」とは明言していません。中には、「よくない鍼灸師(施術者)だ」と感じる方もいるかもしれません。 よく「同じ病気で悩んでいる患者さんは来られますか?」という質問をされます。病気だけで一括りにすると「はい。来ます。」と答えが出やすいですが、患者さんが本当に聞きたい答えは「来るか?来ないか?」といった簡単なものではなく、「その方はどういった経過