top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸師は自分の体を使って鍼を練習しているって本当?

「え!先生も鍼刺されたことあるんですか?」

「若いから鍼なんてやったことないと思ってた、、、」

というようなことを言われることがあります。


中には、、、

「先生は鍼刺す側だから涼しい顔してるけど、、、鍼は怖い、、、」

と言われてしまうこともあります。


そういうときには、

「大丈夫ですよ。僕も患者さんにする鍼は一通り自分で試してます。」

と返すようにしています。


「そう言われても怖いものは怖い!」

と言われてしまうと、そこまでですが、、、


実際、鍼を刺されたことがない鍼灸師はほとんどいないはずです。なぜなら、取り扱いの難しい薬物などと違い、鍼の練習は自分自身の体を使うことが出来るからです。


鍼灸免許を習得するには、専門の教育機関などで3年以上の課程をおえる必要があります。要件を満たし、卒業することによって、国家試験を受けることができます。


学生のときは、同級生と一緒にお互いの体中に鍼を刺し合います。学内実習のとき、テストの時など、機会はたくさんあります。臨床に出てからも、新しい方法があれば日々練習を重ねて臨床応用していきます。


そのため、患者さんに刺しているツボや施す手技のほとんどは、自分自身の体で試し済みといった具合です。


そのため、、、

「痛がりの鍼灸師が、強刺激や深刺しを避ける傾向にある(刺さない針!)」

「刺激を欲しがる鍼灸師が、過剰な刺激や深刺しを好む傾向にある(めちゃくちゃ響く鍼!)」etc...

のようなことも起こります。


私としては、、、

「患者さんに適した刺激、適した手法を行うことが重要だと思います。」

時には刺激が強いほうがよいし、時には刺激はマイルドな方がよい。そして、特殊鍼法などでは、決まったとおりの刺激量と手技を行うことが重要です。


患者さんが慣れないうちは、少ない刺激から、徐々に適正の刺激量まで増やしてといったこともやります。安全に配慮した鍼は決して怖いものではありません。


鍼療法を試したいと思っている方のなかにも、、、

「鍼が怖い、もしかしたら痛いのではないか?」

そういった疑問や不安もあると思います。

当院では、しっかり時間を割いて説明し、納得頂いた上での施術を心がけています。


無料相談は随時受け付けています。お気軽にご相談下さい。※対面相談は要予約

最新記事

すべて表示

嚥下困難や構音障害に対する鍼

脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血)などによって「嚥下困難(呑み込めない)」や「構音障害「(舌が回らない)」が生じることがあります。「嚥下困難」や「構音障害」などの舌や喉の運動機能障害は、誤嚥性肺炎のリスクが上がるため、注意が必要とされています。実は、こういった随伴症状に対しても鍼は有効といわれています。 当院では、嚥下困難や構音障害がある場合は、「廉泉(れんせん)」というツボを使っています。教科書どお

パーキンソン病は鍼で治るか

はじめに 最近、NHKの鍼療法に関する番組の影響か、「パーキンソン病に対して鍼はどうか?」と言った関心の声があるようです。本稿では、パーキンソン病と鍼療法について述べていきたいと思います。 パーキンソン病は治らない パーキンソン病は、進行性の神経変性疾患のため、基本的に治ることはありません。もちろん、鍼をしたからと言って治るわけではありません。「鍼でパーキンソン病は治らない。」という話をすると、「

[お知らせ]予約システム変更のお知らせ

日頃から当院をご利用いただきありがとうございます。 お電話によるご予約のみでしたが、ご不便をお掛けすることがありました。 利便性を図るため、ネット予約システムを導入することに致しました。 今後は、ネット上にてご予約とキャンセル・予約状況の照会が可能です。 なお、キャンセル締切後のネット上での操作は出来ません。 当面の運用状況は下記のとおりとなります。 ご理解・ご協力の程よろしくお願いします。 1)

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page