top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸治療とリハビリを組み合わせて症状改善を目指そう!

鍼灸治療を継続する中で、リハビリとの兼ね合いという問題が出てくることがあります。人によっては、リハビリを週2回、そして鍼を2回(当院では原則2回以上を提案しています)となると、週4回もどこかしらに行かなければならないと感じる方もいらっしゃいます。


「鍼灸治療を減らしたい。」または「鍼灸治療に切り替えたい」と言った話を相談されます。鍼灸師の立場から話すと、リハビリの先生も考え方は同じだと思いますが、「じゃあ回数を減らしましょう。」であったり「薬もリハビリも止めて鍼一本でいきましょう」とは安易には言えません。


理由として、「症状の改善目的で鍼灸治療を行っているため、通院頻度は減らすべきではない」。また、「投薬やリハビリに関しては、鍼灸師が口を挟むべきではない。」といった立場にあるからです。


鍼灸師の立場からは、「リハビリと同じ日に鍼をしてはいかがですか?」といった日程調整に関することしか言えません。


リハビリは20分~40分、鍼灸治療も40分程度です。リハビリも鍼灸も基本的に予約制ですので、長時間待たされるといったことは少ないと言えます。


実は、リハビリと鍼灸治療を組み合わせることは、時間面以外においても、とても有益です。例えば、「鍼灸治療によって、麻痺した手(拘縮など)の動きが良くなり、リハビリがしやすくなる。」または、「筋力強化を目的としたリハビリのあとに、疲労軽減(回復目的)も兼ねて鍼灸治療をする」などが考えられます。


「今日はリハビリで、明日は鍼か、、、」といった考えよりも、「今日も、鍼を積極的に取り入れて、症状の改善を目指したリハビリをしよう。」と言うように、主体性を持ちながら取り組むことが重要だと言えます。


もし、薬やリハビリだけで思ったように症状が改善しないとお悩みの方は、鍼灸治療を併用してみてはいかがでしょうか?

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page