top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸治療の話 寒い風にはご注意。顔面神経麻痺に気をつけて。

昨日は突然の雪で、交通機関もてんてこまいであったと思います。ここ横浜市も例外ではなく、気温も下がり、風も吹いて、電車を待つホームでも寒いを思いをしました。

 

寒さは神経に対し、むくみを起こします。末梢性の顔面神経麻痺(ベル麻痺)などは典型例だと思います。発症原因として、例えば、「運動をして汗をかいた後に扇風機に当たりすぎた」とか、「ドライブ中に空けていた窓から入ってくる冷風にあたりすぎた」とかさまざまです。

 

発症後は顔面部の違和感や、味覚異常から、変だなと感じる場合がほとんどで、中には聴力も変かな?と感じる方もいます。一週間から10日前後が急性期となるため、この期間はどんどん麻痺症状が重くなっていきます。医療機関を受診すると、ステロイド剤の大量投与にて「むくみ」を治し、ビタミン剤を用い神経回復を図ります。

 

私の専門は鍼灸治療ですが、「顔面神経麻痺(ベル麻痺)に対する鍼灸治療の効果」にはまださまざまな考え方があります。中枢性の顔面神経麻痺やウィルス性の顔面神経麻痺(ラム)と違い、8割前後の方が短期間で治ります(ウィルス性の場合は治りづらい)。そのため、「自然治癒」なのか「治療効果」なのかわからないということが言われています。これは、「顔面神経麻痺」にかかわらず、「一般的な風邪」などでも同じです。風邪を引いて、不治の病だ・・・となる方はほとんどいないとおもいます。基本的に治るものは研究しづらいのです。

 

個人的な見解としては、鍼灸治療によって、局所の血流改善や、適度な刺激が少なからずよい作用を発揮するのではないか?と感じています。研究では、研究対象グループの平均値を取って、比較検討しますので、「すごい効いた人」とか「まったく効かなかった人」は除外されます。しかし臨床では、「もしかしたらこの人にはすごい効いている!」ということもあります。また、回復速度が上がったように感じる方もいます。

 

投薬などの治療で効果がなかった方、後遺症が残ってしまった方が、最終的には鍼灸治療を希望するという場合が多いと思います。個人的には体質改善なども視野にいれて、早期に鍼灸治療や漢方を併用することも「あり」だと考えています。

 

顔面神経麻痺にかかわらず、何かしらの麻痺などが生じた場合は、まず先に病院・クリニックなどの医療機関を受診してください。中枢性(脳血管障害)の顔面神経麻痺は末梢性の顔面神経麻痺より軽度に見えることが多いです。ご注意ください。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page