top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

鍼灸鍼の刺入深度はどのくらい?

題名の通りですが、「鍼ってどれくらい入りますか?」「鍼はどのくらいの深さで刺しますか?」といった質問をうけることが多々あります。実はこれは、非常に答え方が難しいです。とくに「何cm刺さるのですか?」といったことは実は非常に答えづらいのです。

 

ずばり刺入する長さ(深さ)ですが、部位によって変わってきます。背中ひとつとっても、肩甲骨(背中の両端にもりあがる骨)の間、背骨に近いところと肩甲骨の内側縁のところ(外側)では鍼の安全深度が違います。背骨付近では胸郭への距離が長いことと、脊椎があるため、2~3cm刺し入れても問題はありません。もっと深く入れても脊椎にあたるため、無理に刺入しないかぎりは胸郭に入る心配はありません。逆に言うと、肩甲骨内側縁付近では、胸郭への距離が近いため、何cmも刺入することはありません。胸郭内には肺や心臓などの臓器しかないため、危険しかありません。

 

その他に、感覚異常がある場合は、皮下にとどめる場合があります。逆に筋肉に対する刺鍼では筋肉へ、神経にアプローチする場合は神経近傍へ鍼先をもっていきます。筋肉でも「表層の筋肉」と「深層の筋肉」、「厚めの筋肉」と「薄い筋肉」への刺し方に違いがあります。ぎっくり腰などで腰が伸びない場合などは「大腰筋(だいようきん)」という背骨の前(腹側)にある筋肉を目的に鍼を刺入します。その場合は、背骨を超えた位置まで鍼先をもっていかなければならないため、75mm程度の長さの鍼を使用します。神経刺鍼ですが、例えば坐骨神経にアプローチをする場合は、おしりに鍼を打ちます。おしりには脂肪が多いため、75mm~90mmの長さのものを使用する場合があります。

 

以上のように鍼の刺入れる深さは、目的や場所によってさまざまです。「表層の筋肉の問題」や「皮膚上または皮下にとどめる場合」では浅めに鍼を刺しますが、「深部の問題」などでは、深めの鍼をすることが必要です。

 

私は説明時に、実際の鍼をみてもらいます。中には、「こんな鍼が何cmも入るなんて怖い。」「鍼を刺さないで、マッサージなどでなんとかならないか?」「表面に電気を流したりでなんとかならないか?」という方もいます。もし、「表層でアプローチしやすい場合」などでは、撫でたり擦ったり、電気を流してもよいかもしれません。しかし、「手の圧力は深部まで届きにくく」、「皮膚表面への通電も、なかなか深部まで届きづらい」です。そのため、もし「深い所に問題がある場合」は鍼の一番の利点である「深いところまで届く」ことが重要になってくると思います。

 

鍼の深さは、患者さんの症状や状態によって変わってきます。マッサージなどの徒手療法を試したあと、思ったように効果が出なかった場合は、一度鍼を試してみるのも一つかもしれません。

最新記事

すべて表示

皮膚へのタッチ刺激による頻尿セルフケア

ここ数年、定期的にNHKで鍼灸に関する番組が放送されるようになり嬉しく思っています。 覚えている方もいるかもしれませんが、ソマプレーンというエラストマー樹脂製のローラーが一度NHKで紹介されました。このローラーは「過活動膀胱の方向けのセルフケア用品(頻尿ケア)」で、就寝前に会陰部をやさしく刺激して頂くことで夜間頻尿を軽減できるとされています。 ・参考:ソマプレーン 夜間頻尿をケア。排尿収縮抑制 |

局所における鍼の持続効果の話

著者は、「鍼の持続効果」に関して、度々質問を受けることがあります。実は、「鍼を刺すこと自体」には、数週間、数カ月と言った中長期的な作用はありません。「直接的な作用」は、刺鍼直後~数時間程度と考えます。「なんだ鍼はその程度しか効かないのか、、、」と感じる方もいるかもしれませんが、厳密には、この「直接的な作用」と「副次的に生じる持続効果」については分けて考えなくてはなりません。 例えば、局所麻酔剤を痛

ボツリヌス毒素・ミラーバイオフィードバック療法併用に関する研究の紹介

前回の記事(やっぱりミラーバイオフィードバック法は大事 (sanshou-hari.com))で「ミラーバイオフィードバック法は大切ですよ!」という話をしました。ミラーバイオフィードバック法は、鏡を見ながら顔を動かす方法ですが、単なる表情筋のトレーニングではなく、中枢(脳)での運動ネットワークの再構築を目標にしたリハビリです。 本稿では、関連する研究として、高橋(2014)による「ボツリヌス毒素・

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page