top of page

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアが難しい理由

更新日:1月18日

末梢性顔面神経麻痺では、セルフケアが大切と言われています。主に、フェイシャルマッサージ(およびストレッチ)、ミラーバイオフィードバック法(鏡をみながら顔を動かす方法)などがセルフケアに含まれます。


当院でも、鍼施術と併せて指導を行っています。初来院日にやり方を伝えるとともに、再来院以降も確認と修正を行っています。「何らかの指導をすでに受けている方」は初診日、「当院で初めて指導を受ける方」は再診日においてセルフケアのチェックをしますが、ほとんどの方が正しく実践できていない印象です。


難しい理由は、「(患者さんにとって)表情筋へのセルフケアが初めて」だからです。「今回もまた顔面神経麻痺になっちゃいました。今回で10回目です!」であったり、「他人の顔面神経麻痺のセルフケア指導をしたことがあります。」という方はまずいないわけです。当然ながら、見よう見まねで何となくこなしていくと言う場合が多い印象です。


この「何となくこなす」ことを続けると、後遺症のリスクが高まります。すると、「それくらいなら何もさせない方がよい。」と言う声が聞こえてきそうですが、何もしない場合はそれはそれで「後遺症予防を行わないという意味」ですから、セルフケアをしっかり行った場合に比べてリスクが高まります。大切なことは、しっかり指導を受けた上で、正しい方法を身に着けることです。


そのほか、ユーチューブ等でみかけるウーイープー体操は、ミラーバイオフィードバック法の一種ですが、レクチャーでは健常者を使っている場合が多く、あまり参考になりません。健常者の場合、表情金の可動域は100%となっているはずです。表情筋が動き始めたばかりの方が、健常者を参考すると、必ず無理をした動きになります。力が必要以上に入りやすくなり、顔全体を使った粗大な運動になりがちです。粗大な運動は禁忌とされており、顔の偏位(顔の歪み)、病的共同運動(神経の混線によるひきつり、痙攣など)などの後遺症が生じやすくなります。


当院でミラーバイオフィードバック法の確認を行う際には、「力の入り具合は均等か」、「無理に代償運動を行っていないか」、「痙攣は生じていないか」などの細かいポイントを注意深く観察しています。毎回一緒に確認を行いながら、正しいセルフケアを継続できるようサポートをしています。


顔の運動(ミラーバイオフィードバック法)の目的は、イメージトレーニング&フォーム確認です。これによって、顔面神経は正しい筋肉に対し枝を延ばし、脳は正しい運動の仕方を学習するわけです。けっして筋肉強化のトレーニングではありません。麻痺側を「動かそう」、「筋肉強化しよう」としても「動かないものは動かない」わけです。それよりも動く部分をより正確に動かし、回復・成長を促す方がより大切です。


最後に、あとはモチベーションの維持が大変だと感じています。毎日の作業を数か月~ 一年以上となるとどうしてもモチベーションが下がってくると思います(後遺症の可能性がある場合、最低でも一年は継続する必要がある)。そういった意味でも、現状の課題や変化を確認できるため、継続的な通院をおすすめしています。もちろん、鍼治療も回復促進につながるため、当院では鍼施術を積極的に行っています。

最新記事

すべて表示

鍼治療とリハビリテーション

当院では、「鍼治療」と「リハビリテーション」の併療を推奨しています。時々、「鍼治療とリハビリテーションどちらが有効か?」といった質問をされます。もっと踏み込んだ質問ですと、「どちらかに絞りたいので回答してほしい、、、」といったものもあります。 実は、「鍼治療」と「リハビリテーション」は目的と機序が違うため、単純に比較することはできません。臨床研究では、単一の治療方法の効果を検討するため、被験者に対

末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に確認していること

1.はじめに 末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に、いくつかのポイントに注意しながら確認を行っています。本稿では、新鮮例(発症すぐ)について触れていきます。 ◆初期対応時に確認しているポイント 医療機関を受診しているか ベル麻痺かラムゼイハント症候群か 軽症か中等症以上か 部分麻痺か完全麻痺か セルフケアの有無 2.ポイントの解説 1)医療機関を受診しているか 顔面神経麻痺を発症したら、早急に医療機関

末梢性顔面神経麻痺のセルフケア実施期間

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアの実施期間ですが、病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど)の後遺症予防には「発症から最低1年間はミラーバイオフィードバック(MBF法、鏡をみながら顔を動かす方法)を継続するように」と言われています。 後遺症の可能性がある場合(とくにENoG検査で40%を超えない、中等症以上)は、改善が見られた後も、セルフケアをしっかり継続する必要があるわけです。「表情筋が全体的に動

bottom of page