top of page

腰椎圧迫骨折後の腰痛に鍼灸はいかがですか?

腰痛症で鍼灸院に通院される方は多いかと思います。中には、腰部ヘルニアや脊柱管狭窄症以外に、骨粗しょう症や外傷(転倒)による腰椎圧迫骨折による腰痛の患者さんが一定数来院されます。


骨粗しょう症の既往や高齢を基盤として、高い所に昇ってものを取ろうとした時の転落、何かの拍子に足が絡まって転倒したなど腰椎圧迫骨折の発症原因はさまざまです。


病院からの退院後、医師から「骨はしっかりついている」と言われ、運動療法や理療(電気など)を行ったが、なかなか痛みがとれない。こういったことがあります。痛みの種類としては、局所の鈍痛や、神経症状による下肢のしびれが起きます。


画像所見上は治癒となっている場合でも、腰部の障害部位では、血行障害が起きている場合があります。血行障害が起きると、「痛みの物質」が生じ、さらに血行が悪くなり、痛みが取れづらい、、、こういった現象が起きてきます。


鍼灸療法では、以下のアプローチをします。

1) 腰部の障害部位に鍼を刺して血行をよくする

2) 痛みと関係のある神経近傍に鍼を刺して血行をよくする

3) 関連のある部位に鍼を刺して痛みを感じづらくする

4) お灸や遠赤外線治療器で温めていく


鍼は深部まで直接刺入することができるため、深部の血行障害にも効果的です。上記のような鍼をすることによって痛みが解除されていきます。


鍼灸療法では痛みは取れやすいですが、筋力強化は行えません。並行して運動療法(リハビリ)を行うことをおすすめしています。


痛みの強い時期は週2-3回の鍼灸療法と運動療法を、痛み軽減後は週1-2回程度の鍼灸療法と運動療法を行うことによって快方に向かう場合が多い印象です。


人によっては、数回で痛みが消失するということもあります。お悩みの方は、お気軽にご相談下さい。




最新記事

すべて表示

鍼治療とリハビリテーション

当院では、「鍼治療」と「リハビリテーション」の併療を推奨しています。時々、「鍼治療とリハビリテーションどちらが有効か?」といった質問をされます。もっと踏み込んだ質問ですと、「どちらかに絞りたいので回答してほしい、、、」といったものもあります。 実は、「鍼治療」と「リハビリテーション」は目的と機序が違うため、単純に比較することはできません。臨床研究では、単一の治療方法の効果を検討するため、被験者に対

末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に確認していること

1.はじめに 末梢性顔面神経麻痺の初期対応時に、いくつかのポイントに注意しながら確認を行っています。本稿では、新鮮例(発症すぐ)について触れていきます。 ◆初期対応時に確認しているポイント 医療機関を受診しているか ベル麻痺かラムゼイハント症候群か 軽症か中等症以上か 部分麻痺か完全麻痺か セルフケアの有無 2.ポイントの解説 1)医療機関を受診しているか 顔面神経麻痺を発症したら、早急に医療機関

末梢性顔面神経麻痺のセルフケア実施期間

末梢性顔面神経麻痺のセルフケアの実施期間ですが、病的共同運動(口を動かすと目が閉じるなど)の後遺症予防には「発症から最低1年間はミラーバイオフィードバック(MBF法、鏡をみながら顔を動かす方法)を継続するように」と言われています。 後遺症の可能性がある場合(とくにENoG検査で40%を超えない、中等症以上)は、改善が見られた後も、セルフケアをしっかり継続する必要があるわけです。「表情筋が全体的に動

bottom of page