top of page
  • 執筆者の写真三焦はり院

薬の副作用で困っている方にも鍼をおすすめしています

身体の不調から真っ先に鍼を受けたいと思う方はあまりいません。医療機関での治療を経てから鍼を検討する場合がほとんどではないでしょうか?中には、薬の副作用軽減目的や副作用から代替医療の一つとして鍼を検討される方もいらっしゃいます。


鍼の最大の利点は、①副作用がないこと、②薬との飲み合わせなどを考えなくてよいことです。そのため、薬物療法と併せて鍼を受けたり(併療)、代替療法として鍼を受けることは理にかなっていると言えます。


痛み止めによる胃もたれ・便秘・飲みすぎによる薬物乱用頭痛、プレガバリン内服後のめまい・ふらつき・傾眠傾向が顕著な場合など、さまざまな場面で鍼を併用することが可能です。もちろん、お灸も併用できます。


鍼を受けながら、徐々に減薬することによって、副作用も軽減していきます。もちろん、緊急性がない限り、鍼施術開始直からの極端な停薬は必要ありません。徐々にバランスよい比率に持っていき、身体負担の少ない状態にすることが重要なポイントです。


鍼は「痛い、怖い」、灸は「熱い、怖い」というイメージがあるかもしれませんが、一度鍼を受けてみて、大丈夫そうであれば、定期間継続してみることをおすすめしています。最初は数本でもダメだった鍼が徐々にほん数が増えていくことは珍しくありません。時間が経つにつれて、最初は「痛い」だけだった鍼施術も「ちゃんとツボにあたっている」と鍼感(得気、ずーんとするような感覚)と痛みの区別が出来るようになってきます。


また、凝っているような場所は鍼感を強く感じますが、コリが取れてくると鍼感もマイルドになっていきます。これはいわゆる「痛みの再現(症状が再現される)」と言われているもので、的確に鍼が当たっている証拠です。


鍼療法や灸療法は自然な治療方法の一つです。薬の副作用で困っている方にも鍼をおすすめしています。



最新記事

すべて表示

嚥下困難や構音障害に対する鍼

脳卒中後遺症(脳梗塞、脳出血)などによって「嚥下困難(呑み込めない)」や「構音障害「(舌が回らない)」が生じることがあります。「嚥下困難」や「構音障害」などの舌や喉の運動機能障害は、誤嚥性肺炎のリスクが上がるため、注意が必要とされています。実は、こういった随伴症状に対しても鍼は有効といわれています。 当院では、嚥下困難や構音障害がある場合は、「廉泉(れんせん)」というツボを使っています。教科書どお

パーキンソン病は鍼で治るか

はじめに 最近、NHKの鍼療法に関する番組の影響か、「パーキンソン病に対して鍼はどうか?」と言った関心の声があるようです。本稿では、パーキンソン病と鍼療法について述べていきたいと思います。 パーキンソン病は治らない パーキンソン病は、進行性の神経変性疾患のため、基本的に治ることはありません。もちろん、鍼をしたからと言って治るわけではありません。「鍼でパーキンソン病は治らない。」という話をすると、「

[お知らせ]令和6年度療養費改定(6/1~)

令和6年度療養費改定が6月1日より行われます。 主な変更点は以下の通りです。 1)療養費 〇初検料 旧)1780円 新)1950円 〇施術料 旧)1550円 新)1610円

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page